topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひきこもり脱出! - 2012.08.09 Thu

2012.08.08 (ネパール8日目)

今日こそどこかへ行こう!!

タメルに引きこもりな私は、そう意気込んでみる。

まずシンハルツアーに行き、地球の歩き方のネパール版を借りる。
1000ルピーのデポジットを渡すんだけど、本を返却したら
丸々1000ルピー戻ってくるから、ガイドブックを持っていない私としてはとても助かる。
iphoneにデータは入れてあるけどやっぱり本の方が見やすいし
現地で聞くには本の方が相手も見やすいからね。


そしてバス乗り場を探しながら歩く。
地図を見ると、私がいるタメルから20分も歩けば着く距離だ。

バスターミナルにたどり着くまではマーケットみたいなとこもいくつか通りすぎる。

IMG_3376.jpg

IMG_3378.jpg


Bag Bazar(バグ バザール)というところからバクタプル行きのバスは出発らしい。
地図を見ながら歩いて、途中で何度か「バクタプル行きのバスはどこ?」って聞きながら
ようやくバス乗り場に到着。
乗る前に、「バクタプル??」って3回くらい確認して「うん」というので
そのバスに乗り込む。

恐らく40分から1時間で着く距離なのに
途中からものすごく渋滞していて1時間半くらいかかった。
昨日、行けたら行こうと思っていたけど昨日はバンダ(デモみたいなやつ)があったみたいで
交通障害がものすごかったみたいだから、昨日行かなくてよかった。
バンダは、場合によってはものすごく迷惑なんだよね。
バスとか動かなくなっちゃうの。
旅行者はもちろんだけど、現地人さえもバンダに遭遇すると困っている。

昨日行こうか悩んでた時に話をしたネパール人の子が今日はやめたほうがいいよって
しきりに言ってたんだけど、それがかの有名なバンダだったわけだ。
その男の子はネパール人の大学生で授業がないときはタメルのお店で店番。
毎日会うのでよく話しをしているんだけど、初めて会った日に店のものを売りつけるよりも、
お互い宗教の話で盛り上がってしまい、彼はイスラムも、ヒンドウも
仏教もクリスチャンも、全部、人間なんだよ!!
ってネパール人にしては珍しいことを言っていて、どの宗教もすばらしいんだ。
ってものすごい熱弁トークをしてきたの(笑)
私も彼と同じ意見なので、何だか妙に親しみを感じてくれてるみたい(笑)


また脱線しました・・・(笑)
バスの料金は25ルピー(25円)
お金を徴収するお兄ちゃんがいて、25ルピー渡したら、「あと20ルピー必要だ。」という。

いやいや、私、25ルピーって知ってるよ。

と答えたらじゃ、25ルピーでいい。と言って行ってしまった。

おい、私が料金知らなかったら45ルピー請求する気だったでしょ?(苦笑)

私は行く前に、他人のブログで料金をチェックしていて知っていたけど
知らなかったら45ルピー払ってたなあ。。。。


ここだよと下ろされた場所は一体どこなの?って感じだったけど
ダルバール広場というメインの広場に行きたいって、その辺にいる女性たちに聞いたら
「あっちよ」って教えてくれた。

門みたいなところがあって、そこをくぐる。
門の横に、外国人は入場料を払う為の小屋みたいなところがあったけど
誰もいなかったので、そのまま入っていったらしばらくして、一人のおっさんが追いかけてきた。

入場料払った??


払ってないよ。だって、人がいなかったんだもん。


というわけで入場料を払った。
1100ルピー(1100円)高い!!!

痛い出費です。バクタプルは世界遺産??よくわかんないけど古都で素敵な町なことは確か。
スタンプ押してもらうと1週間以内ならもしまた来てもそのチケット見せれば大丈夫って言うから
一応、スタンプを押してもらった。

そこで英語のパンフレットをくれた。
今いる場所を聞いてみたら、私が想像していた場所と違う場所で
バスを降ろされていた(笑)
でも、いくつか入り口があるみたいだから、まあ、いいか。

実はバクタプルに来るのは3度目(笑)
前回のネパールの時にネパール人の友人につれてきてもらっていた。
だけどその時は体調がよくなかったので、記憶が曖昧(笑)

この町は映画「リトルブッダ」(キアヌーリーブス主演)の撮影地になった町。
赤茶色のレンガの建物がいっぱい。

こんにちはー。ガイドしましょうか?

と日本語で話しかけてくる怪しいネパール人がいっぱい(笑)
500ルピーでガイドしますよ。っていうからガイドはいらないよ。と断る。

小学校がちょうど昼休みみたいで、たくさんの子供たちがいる。
そのうち2人の男の子と話をする。
英語がとっても上手で聞いてみたら学校にアメリカ人の英語の先生がいるとのことで
英語を勉強しているんだって。
私が地図を見ていると、「どこ行きたいの?」って聞いてくるから、「ここの広場。」
と地図を見せて言うと


あ、僕の家の近くだから案内するよ。一緒に行こう


と言われ、小学生だし、ついて行っても大丈夫か。
と思って一緒に行くことに。

彼らはバクタプルで生まれ育っている為、ここの歴史をたくさん勉強しているそうだ。
そんなわけで、無邪気にそれを色々と教えてくれる。

ん~、ええ子たちや。

IMG_3419.jpg

そしてその2人と話をしながら町を探索。
時々私が写真撮ってて、遅くなるとこうやって振り返って私のことを確認してくれてる(笑)

IMG_3425.jpg

目的地に着いたら、彼らは「今何時?」って聞くから時間を教えたら

「やばーい!!学校に戻らなきゃ!!」って。

どうやら昼休みが終わってしまうらしいです(笑)
そんなわけで、この小さなガイドくんたちに2人でお菓子でも買いな。
って20ルピー渡したら喜んで走って学校に戻っていった。
普通にガイドつけたら500ルピー。
でもこの小さなガイドたちは20ルピー。

ふふふ。いいガイドを見つけたもんだわ、私。

その後は一人でプラプラ探索。
バクタプルの町は広くはないけど、見所が何箇所か散らばっている。
でも、大きな広場も面白いけれど、それよりもこの場所で生活している人の匂いが
感じられるおもしろい場所。
古いレンガ造りの町は、初めて来た時よりも感動は薄れてしまっているけれど
でも、やっぱりこの町独特の雰囲気が私は好きだ。

IMG_3385のコピー

IMG_3401.jpg

IMG_3396.jpg

IMG_3417.jpg

IMG_3414.jpg

IMG_3408.jpg

IMG_3430.jpg

IMG_3427.jpg

IMG_3457.jpg

IMG_3473.jpg

IMG_3435.jpg



ネワール彫刻の最高傑作と言われているらしい孔雀の窓。
確かにすごい。

IMG_3446.jpg

そしてその隣の隣の建物くらいには、孔雀に対抗してか、鶏が(笑)
しかも、コケコッコーって大声で叫んでた。
このにわとりくんは、絶対に自分で分かってるな。

IMG_3450.jpg


バクタプルに限らず、昼寝してる人多し。

IMG_3452.jpg

IMG_3460.jpg


そしてバクタプルを後にする。
バスターミナルらしき場所に行きカトマンズ行きのバスを探す。
カトマンズと言っても広いからタメル近くで降りたい!ってアピールしていたら
タメル近くになったら、料金徴収係りのお兄ちゃんが合図して教えてくれた。
帰りは普通に25ルピーで、多い金額を言われることもなくすんなりだった。
往復50ルピーのローカルバスですがタクシーで行ったら片道700ルピー以上するみたい(苦笑)
バスで行くのがいいわね。。。

本を返しにシンハルツアーに行ったら日本人の男の人と遭遇!!
話をしたら世界一周中とのこと。
一緒に夕飯を食べに行く。
もちろん日本食レストラン(笑)
やっぱりタメルは日本食レストランがいっぱいあるから
バックパッカーにとってはオアシスそのものなんですよ!!
先日のラーメンと半チャーハンの失敗を教訓に今日は無難な生姜焼き定食。
おいしかったです!!
ビールも飲みに行っちゃいました。ふふ。
インドにいた時は全く飲んでなかったけどネパールに来て、
昨日からお酒、解禁です(笑)

明日はクリシュナ(ヒンドウの神様)の誕生日。
休日だそうです。
明日はスリジャンも休みだから、どこかに連れて行ってくれるみたいです。

そんなわけで、ひきこもりから脱出です(笑)


スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabisuruasia.blog.fc2.com/tb.php/59-06145c8a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Yellow «  | BLOG TOP |  » ネパールの友人

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。