topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Golden city - 2013.12.31 Tue

29 Dec.2013

長い列車の旅は18時間の予定がなかなか着かなくて結局2時間遅れで到着。
トータル20時間の列車の旅になった。
途中、インド人にお菓子の詰め合わせをもらったり、
チャイをご馳走してもらったり、ジャイサルメールの砂漠ツアーに一緒に行かないか?
などと誘われたのを丁重に断りもしながら、ようやくジャイサルメール駅に到着。
ホームで日本人の女の子を発見!!!
話しかけると、ジャイサルメールでは有名な日本人がスタッフで働いている宿に泊まるという。
私も本当はそこの宿に泊まりたかったけどハイシーズンで値上がりしていたので
どうしようか迷っていた時に、ネットですごく私好みの宿を見つけていたので、
その日本人スタッフがいる宿に泊まるという選択をしなかった。

彼女はその宿のお迎えを待っていて、私も自分が泊まる宿に迎えを頼んでいたので
お迎えを待っていたけど多くの客引きインド人がいて、誰が誰だか分からない。。。
おまけに列車は2時間遅れたし、もしかしたらもしかして電話しないと来ないかも。。。
ましてやここはインド。私が宿泊する予定の宿はインド人がやっている宿だから
半分信用しているけど半分信用していない私(笑)

イエス!!!
前回の日記で携帯電話について書いたけど、こういう時の為の携帯電話なのです(笑)

彼女にも電話を貸してあげ、私も自分の宿のお迎えを頼んでいる人に電話をした。

そしたら、「迎えに来ているよ!!!」と言われる。

「私は黄色のバックパックカバーだよ!」と告げると
「あー!!分かった分かった!」と電話の向こうで声がして、手を降る人が見えた。
あー、彼がオーナーなのね。

そこでその日本人の彼女とは別れて、私はその宿のオーナーの元へ。
オーナーの彼はよく考えてみたら、そこで初めて私が日本人であることを知ったのである。
Akiという名前だけではナニ人なのか、男か女なのかも分からなかったのである。

「名前書いた紙を持っててくれればすぐ見つけたのに!」
と言ったら笑っていた。全くもって、インドらしい。

そこで、私はインドでの初体験をした。

迎えに来るのはてっきり車かオートリキシャ(インドでよくある3輪の乗り物、トゥクトゥクみたいなやつ)
だと思い込んでいたのだ。
ところが彼は、オートバイで迎えにきてくれていたのだ(笑)

え???これ?????(笑)

と何度聞き返しても、うん。と答える彼。

そっか、がんばるわ。。。。

そう彼に告げ、私は自分の70リットルのバックパックを背負い、
運転する彼にパソコンやらカメラやらが入ってるサブのリュックを任せて
バイクに乗った。

宿は、お城の中だった。
ジャイサルメールは砂漠の町で、お城がある。
そのお城は城下を見下ろせるような高い位置に存在する。
ということで、坂道なわけです。

その坂道をバイクで登る=私は背負っているバックがあるのでひっくり返りそうになる。

という、まさかの展開(笑)
おまけにジャイサルメールは今の時期はインド人観光客がすごーく多くて
どこもかしこもインド人で渋滞が出来ている。
バイクやオートリキシャが行き交うけど、大渋滞だったりするわけで
バイクが停まる度に私は後ろに背負っている荷物があるので、後ろにひっくり返って落ちそうになるわけです。
もう、落ちないようにバランスを保つのに必死必死(笑)
バックパックを背負ったままバイクに乗ってる人なんて誰もいないし、
みんなの注目の的。
もう笑いがこみ上げてきて、後部座席で私は大爆笑していた。
でも、こういうの、嫌いじゃない(笑)
むしろ、好きかも(笑)

そんなわけで、バックパックを背負ってバイクで坂道を走るという初体験を終え、
無事に宿に到着。

ひっくり返りそうになりつつも、宿についた瞬間、
私の勘は間違っていなかった。この宿を選んでよかったと認識。
この宿の壁のペイント、雰囲気、全てにおいて好みだったのだ。
スタッフも、いい感じにフレンドリー。

まずは私の部屋。
どうよ、このかわいいペイント!!

IMG_8137.jpg

IMG_8138.jpg

そしてレストラン兼くつろぎスペースはこちら!
ネットでこれを見た瞬間、「ここに泊まりたい!!」って思ったのだ。

IMG_8133.jpg

IMG_8129.jpg

そのくつろぎスペースの一角のバルコニーからは、この景色が見えるわけです。
IMG_8132.jpg

屋上からはこれ。もうこれ見たら他には行けないです。。。(笑)
IMG_8124.jpg

宿が居心地よすぎです。ハイ。
ハイシーズンなので600ルピー。(1000円くらい)
今のインドは1ルピー1.7円くらい。昨年より0.2円も上がっている。
トイレとシャワーは共同だけど、でもそんなの気にならないくらい、すっかり気に入ってしまった。
宿でずっとゴロゴロしていたいけど、でもせっかくなので宿を出て探索。

IMG_8161.jpg

IMG_8165.jpg

IMG_8182.jpg

そして、石をトントンやってるおじちゃんたちがいて、
何かやたらと大声で声をかけてくるけど意味が分からない。
よくよく聞いてみたら、「写真撮ってくれ」だった(笑)
ほとんど英語が話せなくて一人だけ少し話しが出来たので話をした。
どうやら、城壁を作っているとのこと。
城壁が壊れたのか修復なのかはよくわかんないけど、形を整えている。

IMG_8195.jpg

IMG_8192.jpg

IMG_8190.jpg

IMG_8203.jpg


わたし、個人的に職人さんが大好き。
煌びやかな服を着た人よりも、汚れたしわしわの手で、
一つ一つモノを創り出す人が好き。

どこから来たの?とか、ジャイサルメールはスキか?とか、
多分そんな会話だったけど、でもとても楽しくて、座れ座れ。とゼスチャーされたから
用意してくれた石の上に座り込んで色々話をした。
そしたら職人さんみんな集まってきちゃったよ(笑)
IMG_8199.jpg

私、こういうのが好き。
そろそろ行くね。と言ったら、

写真を送ってくれ!!

とヒンデイーで書かれた住所を渡された(笑)
英語が分からない、英語が書けないそうな。
だけど、一人一枚写真ほしい!って言うのだけは伝わってきた。
かわいいー(笑)
んー、帰国したら送ってあげたいな。
日本の友人マナの旦那がインド人なので、その旦那のvikiにヒンデイーを読んで、
手紙も書いてもらって送ろうと思う。
マナ、viki、よろしく頼むわ!!!


ジャイサルメールはゴールデンシテイと呼ばれている。
砂漠がすぐ側にあって、まさにゴールドなのだ。
そんなゴールデンシテイの城壁を作ってるおじさんたち。
ユーたち、かっこいいぜ!!!





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tabisuruasia.blog.fc2.com/tb.php/156-9abaaf81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マハラジャな夜 «  | BLOG TOP |  » 長距離列車の旅

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。