topimage

2012-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑いっぱいの村 - 2012.06.30 Sat

2012.06.29

朝7時にトゥンレイと待ち合わせしていたので、間に合うように起きて
ゲストハウスにあるレストランでサンドイッチを注文。
そして迎えにきてくれたトゥンレイのバイクに乗っていざ出発。

カンボジアではバイクの2人乗りや3人乗りは普通で、
すごいと5人くらい乗ってたりする。

シェムリアップからバイクで30~40分くらい行った緑豊かで
のどかな村にたどり着く。
アキから話しに聞いていた村。

ん~、すごくいい!!!


トゥンレイから聞いた話で
私の記憶が間違いでなければ、この子供は親が育てられないので、
トゥンレイが里親みたいになっているらしい。
そしてこの村で育てられてるみたい。
でも、すごくかわいがられていた。

トゥンレイ、すごいなー。。。。
いつもこの人の心の美しさに私は感動してしまうんだよ。
すごく真面目だし、とっても信用できる人。

IMG_1451.jpg

子供たちがとってもかわいいのだー!!!
私にとってのカンボジアという国は遺跡はもちろんなんだけど、
最大の理由は子供たちの魅力にノックアウトされているのだ。
どの国に行った時も一番最初に友達になれるのは、小さな子供。
彼らはいつでも、好奇心の塊なのだ。

IMG_1457.jpg

IMG_1493.jpg


アキに頼まれていたリーさんのお宅に行く。
リーさんの家は高床式っぽい感じで(大体、村の家はそうなんだけど)
女性と子供がいて、奥に行くと寝たきりのご老人、リーさんがいた。

アキの友達のアキです。(ややこしいなw)

と、トゥンレイに紹介してもらい、アキから頼まれていたリーさんへの写真を渡す。

リーさんは、手の指とかない部分があったし、変形していた。
足もよくは見えなかったけれど指がなくて変形していたように見えた。
そして、腕にはいっぱいの刺青が入っていた。
指がないのとかは地雷の被害だろう。
ここ、カンボジアは地雷をふんだりして手足がない人がたくさんいる。

そんなリーさんはとっても笑顔がチャーミングだった。
寝たきりで起きれないのに一生懸命、話しかけてくれた。
そしてしきりに、

アキは元気か? 
アキに会いたい。
アキは本当にいいやつだ。
アキにはとても感謝しているんだ。


何度も何度もそう言って、指がない手を精一杯あげて私にあれを見ろと言う。
そのリーさんが指した方には、なんとアキの写真が貼ってあった。
なんていうのかな、東南アジアとかでは例えば王様とか神様の写真を額に入れてたり
飾ってたりすることがあるんだけど、
それと同じようにアキの写真が額に入れられて飾ってあった。


(この写真の上の方の写真の額の背景が青の右から2番目の額がアキの写真。)
IMG_1477.jpg


すごくびっくりした反面、私は泣きそうになったのを必死にこらえた。
リーさんは本当にアキのことを大切に思ってくれているのだ。
それがすごく伝わってきた。
そんな私にリーさんはニコニコ笑顔を向けてくれた。


リーさんは寝たきりで病気で床ずれもひどかった。
その床ずれしている部分を写真に収めてくれと言われた。

ここに写真は掲載はしないけれど、その部分は本当に痛々しかった。
自分で体も起こせないし、不自由な身体だけど、
初対面の私にもいっぱい話しをしてくれた。
でも、笑えたのは、

カンボジア人と結婚したらどうだ?


世話焼き老人はどこの国でも同じです(笑)
でも、リーさんとの時間は私にとって、何だかすごく深い時間になったと感じている。

村はとても緑がいっぱい。
とても素敵な村で、すっかり好きになっていた。


そして夕方から、学校に行った。
トゥンレイが日本語の先生をしているのだけど、行きたい?って聞かれたので
そりゃ、行きたいでしょ!ってことで連れていってもらった。
クラスは14歳とか17歳とかの男女5人。
いきなり参加の私でしたが、私も先生をやることになり
質問したり、質問されたり。
みんな日本語を勉強しているので、日本人が来たことをとても喜んでくれているようで
何だかすごく楽しかったし、私自身も日本語の難しさを感じた。

私は、私の、私が、私も・・・

これらの区別とかって説明が難しくない???
日本語って難しいなあと感じた。
発音もひとつひとつ直していった。
1時間で授業は終わりなんだけど、終了時にみんなが立って、


先生、ありがとうございました!!!!


アキ先生、また来てくれますか???


って、私に向かって言うんだよー。

もう、めっちゃかわいいー!!!!!

そんなわけで、また行こうと思います。
ハイ、単純なんです、私(笑)
もう、生徒がかわいくて仕方ないです。
また、強引に学校に乗り込もうと思います(笑)

そんなわけでとても充実しています。
今日は写真をちょこちょこ編集したので、村の写真をアップー!!

IMG_1479.jpg


IMG_1496.jpg

IMG_1529.jpg

IMG_1513.jpg

IMG_1517.jpg

IMG_1534.jpg

IMG_1483.jpg

IMG_1568.jpg


IMG_1635.jpg

IMG_1622.jpg


IMG_1469.jpg


IMG_1595.jpg




やっぱり私はカンボジアが好きだわー。



スポンサーサイト

Go to  カンボジア - 2012.06.29 Fri

2012.06.28

先日予約したカンボジアに向かうバスは7時に出発なので、
6時50分にチケットを購入した場所で待ち合わせ。

6時には起きようと思っていたけど、
iphoneのアラームがちゃんと鳴るか?とか、
寝坊したらどうしよう・・・
とか、カンボジアに行くのが楽しみすぎて、
結局何度も何度も目が覚めてしまった。

遠足前の子供か!(笑)

みたいな感じです(笑)

まあ、そのおかげで寝坊せずに無事に待ち合わせ場所に到着。
少しすると日本人2人がやってきた。
彼女たちも同じバスでカンボジアのシェムリアップまで行くとのこと。
しかも、顔見知り・・・
同じ宿に滞在していた2人でした(笑)

その2人は関西の大学生、ハナちゃんとマイちゃん。
道中、楽しくなりそうな予感です。

バスがやってきて(バスと言ってもワゴン車ですけどね)
人も、荷物も多すぎだろ!ってくらい乗せていく。
ほとんどがバックパッカーなのでみんな荷物がいっぱい。
私の隣にベルギー人の男の子が座ったんだけど、
ハナちゃんが「イケメン!」ってめっちゃ興奮してました(笑)

ベルギー人、ドイツ人、日本人、アイルランド人やら色んな国籍の人と
一緒にシェムリアップを目指す。

私の隣のイケメン(というほどでもないと思うけどw)が
すごーく眠いみたいで、というか寝ていて、
私の席の方まで(座席が狭い)ガンガン来るわけですよ(笑)

おまけによだれ!!!(笑)

お願いだから、よだれを私につけないでください。。。。


途中でトイレ休憩があった時にハナちゃんが
イケメンくんの隣と交代してくれるというので変わってもらいました。

イケメン君の隣で喜んで「ハッピー」とか言ってました。
外国人と密着するのが夢だったそうで、
夢が1つ叶ったと喜んでいました。
面白い子です(笑)

ランチ休憩などを挟みようやくボーダー(国境)へ。
国境越えは徒歩です。
そんなときに、

いきなりスコール・・・・

そのスコールの中、歩きましたよ。。。
何も今じゃなくても・・・(泣)

びしょびしょになりながら、タイの出国審査をして、
タイを出る頃にはスコールもやんで、

いよいよカンボジアへ入国!!

CIMG0292のコピー

ビザは事前取得してたので、ある程度スムーズでした。
そして入国審査も無事に終え、
バスを乗り換えて、シェムリアップを目指すはずが、
そんなにスムーズに行かず・・・

バスの出発は3時だ、4時だ。
まあ、誰もあてにならない。

要はテキトーなんだわな・・・(笑)


バスだと出発するのが遅いから、ここからタクシーをチャーターして
シェムリアップを目指す手段もあるんだけど、
別に急いでるわけじゃないし、お金がまた別にかかるのもなんだかなー・・・
って感じなので、のんびりバスで行くことにする。

バスは結局3時半くらいに出発。
カンボジアに入ると景色が変わって、すごくのどかな風景が広がる。

やっぱり私はこの風景が好きだなあ。

と、しみじみ。
iphod touchに入ってる曲を聴く。
夕暮れに差し掛かる頃、Indus&Rocksという友人バンドの曲を聴きながら
流れ行く景色を見つめる。
彼らの「いくせん」という曲があるんだけど、
その曲が、ドはまりでした。

そして夜7時過ぎ、ようやくバスターミナル的なところ(バスターミナルとはとても言えないけど)
で、降ろされる。

同じバスに乗ってたヒトミちゃんと言う子とあと一人の日本人の男の子が
同じ宿に行きたいというので、3人でトゥクトゥクで宿に向かう。
1人1ドル(約80円くらい)で高いけど、もう真っ暗だし仕方ないと妥協。。。

ところが事件は起こった。

あれー?まっすぐ行けば着くはずなのに、違うところ曲がったよ、このドライバー。

するとやはり案の状、指定した宿とは違う宿に連れていかれていた(笑)
そしてそこがヤマトだという。(ヤマトというゲストハウスを指定していた)

ここヤマトじゃないよ(笑)

ここで降りろとか言い出すから(想定内通りですが)、
ここはヤマトじゃないから!って言い合いに。

妥協するのもアリなんだろうけど、私はヤマトに行かなければならないので
半分キレながら(キレたふりですけど)、
怒鳴ってヤマト近くのゲストハウスに向かわせ、そこからは歩いてヤマトに向かった。

ヤマトに着くと、見慣れた顔が。
以前、井戸掘りをした時の仲間、トゥンレイ。

井戸堀りの話はこちらからどうぞ→
 http://sky.geocities.jp/aroundtheworld_akkie/diary-cambodia.html

トゥンレイには友人アキ(井戸掘りとかしてるカンボジア大好き)が
私が行くってことを電話してくれてたのだ。
久々の再会はとてもうれしい。

アキから預かってる写真を渡す。

トゥンレイ

写真 (15)


ビトゥー

写真 (14)


ニッタのママ
IMG_1446.jpg


みんな、うれしそうな顔して写真見てた。

私までうれしくなった。

それだけで十分。



バンコク初日つづき - 2012.06.29 Fri

2012.06.27のバンコクのつづき。

村長と合流して旧市街っぽいところに歩いて行ってみた。
私が滞在しているカオサン付近の宿からも歩いていける距離。
旅行者も全然いなくていい感じの通り。
楽器専門店がたくさん連なった通りがあって、
店の前でギター弾いてる店員がいたり。

IMG_1399.jpg

そして、その奥を進んでいくと、旧市街っぽいエリアに到着。
IMG_1404.jpg


なんだか、すごくかわいいのだ。
建物とか、雰囲気がかわいい。
カオサンエリアは欧州系のバックパッカーが多すぎて
正直言ってタイにいると言う気が全くしないのが現実。
何年か前に行った時よりもその度合いがすごくて、
ドンちゃん騒ぎしまくっている。
爆音が響きわたっていて、
無法地帯になりつつあるような・・・(笑)
まあ、面白いと言えば面白いんだけど、羽目を外しまくってるその姿が
個人的にはかなーり微妙だった(笑)

そんなわけで、その人の多さに少しやられてしまっていた私にとって
その旧市街エリアはなんとも言えず、ほっこり。


甘いお菓子。甘すぎてちょっと・・・でした。
ちなみに小が10バーツ、大30バーツ。
IMG_1412.jpg


タイのそこらじゅうにある神様を奉ってあるらしきもの
  ↓
IMG_1401.jpg


そうだ、カンボジア行きのチケットは、
世界一周中のサヤと、Indus&Rocksのおーちゃんが偶然にも同じところ
Zipangu Travel を以前教えてくれていたのでそこで購入。
バンコク(タイ)から、シェムリアップ(カンボジア)までのバスチケットと
カンボジアビザのセットで1500バーツ(3732円)
国境で自分でカンボジアビザを取れば20ドル(1600円くらい)なんだけど
何かと、賄賂をせびられたりするのと手間がかかることもあって、
ちょっと高いけど、ビザとバスチケットを同時に申し込んだ。
(ちなみに今朝、別の人から聞いた話だと
別の店でバスとビザで1900バーツで買ってた人もいた)

そしてカオサンで働いている友人AOR(オー)を探しに行ったけれど
AORは仕事中(ヘナタトウとワッペン屋)で忙しそうだったので
村長と夕食へ。

夕食は私はお粥にしました。
お粥屋の隣にあるセブンイレブンでお酒を買って、
屋台でお粥。
30バーツ(75円くらい)で、すごくシンプルな鶏の肉団子入り。
テーブルに生姜やネギが刻んだものが置いてあってそれを好みで入れる。

IMG_1431.jpg


村長、お粥を食す。
IMG_1434.jpg


お粥を食べ終わってウロウロしてると

おー!!

って手を振る人の姿が。

あれ?

誰????(笑)

って一瞬思ったけど、

あ、同じ宿の男の子だ

って思い出したので手を振り返す。
彼らと村長は何かタイスキもどき(タイの料理。タイが好きって意味じゃないよw)
を食べておりました。

その後は改めてAORの店に行ってみたものの、AORがいないわけですよ(笑)
AORの友達に聞いてみたら、すぐ戻るから待ってろというので待っていたのですが、
そのAORの友達に電話がかかってきて、

店番、お願い!!

と言われ、束の間の店番・・・(笑)
このゆるさがタイです(笑)
以前来たときも、AORの店で何度、店番をしたことか・・・
そしてAORが戻ってきて、少し話しをする。
私はカンボジアの後にまたバンコクに戻るし、
バンコクにはこの旅でその後も寄るので、
また再会を約束して別れた。

そして村長は今日(28日)はインドに向けて出発。
宿は別なので、そこでお別れ。
インドこえー、行きたくないーってずっと言ってました。

行ったら行ったで楽しいんだよ、きっと(笑)

またインドでタイミングあえば会えるかしら?

そして宿に戻り、早朝のカンボジア行きに備えてパッキングをして
iphoneのアラームを何度も何度もちゃんと鳴るか確認(笑)
iphoneがですね、私は料金発生するのが怖いので、

ネットワークOFFだけではなく、SIMカードも抜いてます。

抜くと料金発生がないって聞いてるので日本を発つ時に抜きました。
というのも、

SIM抜くのを忘れてて現地であわてて抜いたけど、数十万円の請求がきた!!


っていう夢を数ヶ月前に見たの(笑)

はい、夢にまで見ましたよ(笑)
そんなわけで抜くのが一番確実かなと思って、抜いてるわけです。
auのiphoneはSIM抜けます。
softbankは抜けないって言ってる友人が2人いましたが、
抜けないのかな?よく分かりません。

ちなみに数ヶ月前に、SIM抜き忘れて、ネットワークもOFFにしてなくて
ネパール1ヶ月行ってたら(wifiとかも使ってない)

30万円請求が来て払った!!

っていう恐ろしい話を友人から聞いたのだ。
友人の友人の話なんだけどね。。。
便利な分、気をつけなきゃならないのがそれでしょうか。

出会うバックパッカー(欧州人含めほとんど)が、iphone使ってます。
iphone率の高さに驚き。
カオサンなんかでは旅行者が多いのでカフェやらもwifiが使えるし
宿もwifiつきのとこもあるので、便利です。
便利すぎてびっくり。
私が宿泊していたNAT2、ロビーでwifi使えました。

ちなみに私がいた部屋503号室
トイレ、シャワー別。
IMG_1441.jpg





バンコク到着! - 2012.06.27 Wed

今日、タイはバンコクに到着致しました。

とにかく暑い、

暑い、

暑い!!

今日泊まっている宿はNAT2 Guest house というところ。
シングル一泊180バーツ(約450円)です。
シャワー、トイレは別ですが、wifiが使えるのでいい感じ。
世界一周中のサヤから聞いてた宿です。

今日は、タイに入って早々、友人と会っています。
昨年、東北のボランテイアで南三陸町に行ったのですが、
その時にボランテイアで一緒だった村長が今、世界一周中なのです。
その村長とバンコクのカオサンで待ち合わせして合流しましたー。

詳細はまた時間がある時に書きますが、
明日、バスで国境越え。

大好きなカンボジアに向かいます!!!

バンコクに到着してすぐビールw
IMG_1378.jpg


今日の昼。
あんかけチャーハン。45バーツ(112円くらい)
めちゃめちゃ美味。

IMG_1392.jpg





行ってきます - 2012.06.26 Tue

只今、羽田空港です。

写真 (14)


さっきまで親友のフミネムが見送りに来てくれていました。
出発前に日本で食べた最後の食事はラーメンでした。
おいしかったー!!

今はチェックインやら色々済ませてフライト待ちです。

いよいよ出発でわくわくしてきました!!

といいたいところなんだけど、それよりも何よりも

眠い!!!!(笑)


飛行機の中では爆睡間違いなしでしょう・・・
今は飛行機待ちながら、パソコンでネットしてるんだけど、
なかなかネットがつながらなくて、
でもそれは私だけじゃなかったみたいで、
向かいに座ってた白人男性もつながらなかったようで

どうやってwifiつなげるの??

と久々に英語で聞かれ、

私もつながらなくて困ってるのー

って答えたら、私の隣の怪しげなインド人らしき人が教えてくれた(笑)
出発前から、こんなんで向こう行ってちゃんとwifiつなげられるのかしら?
と若干不安もありますが、

行ってきまーす!!!!




重たい・・・ - 2012.06.25 Mon

今夜寝たら、明日は空港に向かいます。
いよいよ明日出発です。

思いのほか、荷物が多すぎてびっくりー。
もう大きなバッグパックは空港に送ってしまったんだけど、
送る前に背負ってみたらびっくり。

かなり重いんですけど・・・

それプラス手荷物でパソコンやらカメラを持っていくので
荷物の重さを考えると今からちょっと憂鬱です。

私、普段もどちらかというと荷物が多い。
カメラが趣味なオタクなので、一眼レフを普段から持ち歩いている。
私の場合、 流行の女子カメラ なんていうかわいい類じゃないけど(笑)
ストラップとかも変えてないから、全くかわいくないし(笑)

パソコンも持っていくから、荷物が重いです。。。
昔はさ、旅に携帯電話とかパソコン持って行くなんて考えもしなかったよ。
携帯電話とか旅にまで持っていくのとかすごく嫌だったし。
だけど、時代は変わるもので、wifiなんかも普及してる世の中になって、
どこでもネットが出来る時代。
便利すぎて怖い気もする。

だけど反面、情報はネットからゲットできるし、
日本にいる人たちとも簡単に連絡が取れるわけで、
すごい世の中になったなあと、その便利さに驚いたりもする。


そんなわけですがいよいよ明日出発です。
準備はほとんど出来ております。
B型ですが、そういうところはすごくしっかり者です、私。
なんせ、準備がすきなんです、私(笑)

その割に、とりあえず最初はタイに飛ぶのですが、
バンコクの空港から市内に行くまでのバスとか何も調べてません(笑)
タイに行くのはすごく久しぶりだから、色々変わってるんだろうな。
と思いつつも、タイのガイドブックとか何も買ってなくて、
先日やっと薄っぺらい地球の歩き方「東南アジア」を買った。
でもまだ全然開いていない。。。


ま、なんとかなるか(笑)

ってな感じです。
バンコクの空港で困ってる私を見かけた方は
やさしく市内への行き方を教えてやってください。

ちなみにさっき「東南アジア」って入力しようとしたら

盗難アジアって出た(笑)

ううううう。。。。。
盗難アジアに気をつけようと思います。





女子会 - 2012.06.25 Mon

昨夜は女子会でした。
いつもはメンズも混じって遊んでる仲間たちなんだけど
たまには女子で!!ってことで女子会。
メンズたちに「女子会って怖い」って言われながらも、
結局は送り出してくれるメンズたちに、本当に感謝です。

女子会楽しかったなあ。
出発前に、みんなと会えたことがとてもうれしかった。
女子会後、終電に間に合うように帰っていったメンバーもいたけれど、
メンズも合流して遅くまで色々話をした。
手作りアイスもすごくおいしかった。

旅の途中で飲んで。

ってトモくん、りーちゃんがお茶をくれた。
そのお茶はお茶屋さんのトモくんが作ったお茶。
すごくうれしいなあ。
旅の途中でGreen teaが飲みたくなるのはもう出発前から分かっていて、
ティーバッグのお茶を買おうかと迷っていたんだ。
だからうれしかったし、自分の友達が作ったお茶を旅の
途中で飲めるなんて最高じゃない??



これ、よかったら使って。

と、ゆうきくんとさやちゃんが石鹸をくれた。
LUSHの石鹸。
体をひんやりさせる石鹸らしい。
暑い国に行くから、クールにすっきりする石鹸。
すごくうれしかったよ。
なんか、気のきいた差し入れに感激してしまった。



みんなあったかいなあ。
私、いい友達いっぱいいてシアワセだなあ。

昨日来れなかったメンバーも含めて、
万華鏡ファミリーのみんな、本当にいつもありがとう。
みんな、大好きです。



帰ってきたら、またみんなで飲もうね。




星の誕生 - 2012.06.22 Fri

10日ほど前に、思い立って友人に連絡した。

私のイメージでガラスを作ってほしい

実は旅に出ようと決めた時から思っていたんだけど、
言うタイミングを逃していた。。。

その友人はHiDAMARi glassというガラスのアーティスト。


正直言って、出発まであまり日数がないし、急な頼みだから無理を覚悟だった。
でも、返事はOKだった。


そして今日そのガラスを受け取りました。

今までも彼らの作るガラスはいくつもいくつも見てきたし、
彼らが作るガラスは何個か持っているし、
今までもそれらは私にとってとっても意味がある宝物だったんだけど、

今回のガラスは私をイメージして作ってもらったもの。
私が「宇宙的な感じにして欲しい」とお願いした。

そして、私が旅に出ることを知っていて、
旅のお守りとして作ってもらったものだから、
彼らもそういう思いを込めて作ってくれたものだし、
私にとっても、今まで以上に思い入れが深いガラスになることに間違いない。


そして出来上がったガラスはこのコです!!!


IMG_1373.jpg


渦巻く星雲と、星の誕生的なイメージだそう。

出来た段階で写真は送ってもらっていたんだけど、
実物を見てみたら、想像以上に気に入ってしまいました。
写真ではうまく伝わらないけれど、奥行き感があって、
星雲がすごく神秘的で、中心にある人工オパールが、
なんていうのかな、うまく言えないけれど
心で例えたら、心の奥にある芯っていうか、
すごく大事にしていきたい核心部分のような、
そんな風に感じている。

紐も色合いとか相談して編んでもらった。
ずっと見ていても飽きません(笑)


旅に出るにあたって、私の分身というか一心同体になっていきそうな予感。
そんな感じが今からビシビシ伝わってきています。



今日は雨だったけれど太陽が出ている日に見たら、
また違った印象になりそうなガラス。
角度によっても表情を変えるガラス。

また宝物がひとつ増えました。



りゅーちゃん、さえちゃん、ありがとう。

写真 3


HiDAMARi glass
http://hidamari-glass.com/


Hello, Good bye - 2012.06.21 Thu

The Beatlesの曲で Hello, Good bye という曲がある。
結構この曲が好きなんだけど、
昨日が仕事収めだった。

まだ実感があまりないけれど。


最初は苦手と感じていた部署だったけど、今は愛しく思うくらい。
みんなに助けられて、ここまでやってきました。
旅に出る私に向かってみんなが

気をつけて、行ってらっしゃい。

って言ってくれた。
なんか、仕事が終わってしまうことを寂しくは感じなかったけれど、
このメンバーとお別れなことを寂しく感じた。


でも、そろそろ次のステップに進みます。
・・・ってかっこいいこと書いてますが、

まあ、結局は 無職 ってことです(苦笑)



・・・・・・・

帰国したら誰か仕事紹介してください(笑)




今日は北海道に引っ越す友人とランチ。
しとしとと降る雨が、なんだか心地よかった。
帰国したら北海道も行きたいなー。

写真 1 (1)

写真 2 (1)


Hello, Good bye,
Good byeだとちょっとさみしいな。
何度も何度もHelloって言いたい。

Don`t leave me alone - 2012.06.14 Thu

出発まで2週間をようやく切った。
私、実はアフリカのジャンベという太鼓をやっているんだけど、
そのメンバーたちが壮行会的パーティを開いてくれました。

実際、私の旅は長期ではないし、すぐ帰ってくるし、
壮行会を開いてもらうことに、ものすごくためらいがあったわけですが
でも、うちのメンバー、みんなお酒大好き(笑)

我がメンバーのジャンベの神を筆頭に仕事帰り&仕事がまだ残ってるので
途中で早退するまっきーも含め、
メンバー全員がそろってお酒飲むのも久しぶりだったので
すごく楽しみにしていたわけですよ。
(実際、挌闘家的メンバー一人は急遽これなくなっちゃったけどー)

メンバーみんなが好きなお店でパーティ。

ne1.jpg


お店のオーナーのいっぺいちゃんがサプライズで
「行ってらっしゃい」のロールケーキを出してくれて、一同感激!!

私、感激して涙が出そう。
・・・のはずが、

なぜか、まなが大泣き・・・(笑)

感激してワンワン泣いてるので、その姿を見たら、
私は自分が泣くタイミングを逃しました(笑)


うちのメンバーはものすごく仲いいから家族みたいな部分もあって、
プライバシー必要でしょ!的な部分にもズカズカ土足で入り込んできて、
正直言ってみんなウザイくらいしつこい(笑)
(もちろんいい意味で、ですよ!!)
そんなわけで、まるで私が何年も帰ってこないみたいな感じに
泣かれ、惜しまれ、応援され、ドライな私でさえ、何だか旅に出るのを
もう一度考えなおしちゃうくらい。
みんなと離れるのが淋しいなあとちょっとだけ、

ちょっとだけ 思ってしまった。

メンバーの中ではどちらかと言えばドライでクールな私。
賑やかでうるさすぎて収集がつかないメンバーに対して、

ウザイ!!(笑) とか しつこい!!(笑)

Leave me Alone!!(ほっといて!!)って普段言ってる私が、

Don`t Leave me Alone!

(一人にしないで!)って旅の途中に思うのかもしれないなあと思った。
この時ばかりはこのウザイ感じが、旅の途中ではもしかしたら恋しくなるのかもな~
とか、そんな風に思った。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


いや、待てよ、私。


よく考え直してみたら、インド人のウザさには敵わないか!!(笑)

いや・・・待てよ、もしかしたら競うくらいかもしれない。
インド人並みにしつこいのだよ、我がメンバーは(笑)

まあ、とにかく笑いあり、涙あり、本当に楽しいパーティだった。


タイ好きなてんちょがくれたタイバーツ&USドル。
そしてますがくれた手紙&旅のおやつ(おやつはもっといっぱいもらった)
ますはイカの口をめっちゃアピールしてきた(笑)
おいしくいただきますよ、旅の途中に。

写真 (13)


でもさ、やっぱ素直にうれしいよね。
こんなに最高の友達、あったかい友達たちに囲まれてさ、
私はシアワセ者だな~って思った。
すぐ帰ってくるけれど、みんなのことを旅の途中、絶対に思い出すし、考えると思う。
今から、それは感じてる。
私の愛しき人たち。
ありがとう。
行ってくるね。


ちなみに今日のタイトルはてんちょが着ていたTシャツに書かれていた英語
Leave me alone に Don`tをつけました。

Leave me alone は「俺は一人じゃないぜ!!」って意味じゃありません。
「一人にしてくれ!」って意味です。

てんちょは意味を間違えて解釈してたので、
スペイン語、英語堪能のメンバー・ゆかちんと二人でこっそり教えてあげました(笑
しつこいてんちょは絶対Leave me aloneなんてタイプじゃないもんね。
どちらかと言うと、かまって欲しいタイプだもんね。
対照的な言葉が書いてるTシャツを着てるあたり、ウケル(笑)
Don`tをマジックで書いてあげればよかったと後悔した今日この頃。


Viva Kankerenty.

旅の保険 - 2012.06.12 Tue


今日は保険のお話。
海外旅行する人は、海外旅行用の保険に入る人が多いと思う。
まあ、旅行中に病気や怪我はしたくはないし、
それは極力避けたいところなんだけど、

なんせ、インド。

絶対にお腹を壊す自信があります、私。

初めてインドに行った時は実はお腹壊しませんでした。
(そんな自分がある意味怖い・・・(笑)

でも、その時の旅の相棒が高熱にうなされ、お腹も壊してピーピーし、
かなりつらそうで、体温計で熱を計ったら38度越えていましたが、


あ、熱なんてないね。大丈夫。大丈夫。


と嘘ついたことがあります。
人ってさ、熱があるのが分かると急にもっと病気が悪化したりしない?(笑)
だから、ゆっくり寝かせて熱さまシートとかおでこに貼ったりしたけれど、
熱があることはその時は決して言いませんでした。

これが、私の優しさ!!(笑)


タイの屋台で水を飲んでも、南米に行った時にも、お腹を壊さなかった私ですが、
そんな私でも、数年前のネパールでやられました。。。

それは山に行った時のこと。
山で出会った村人の家に招かれ、食事も出してもらった。
見た感じ、ちょっとやばそうだな~って思ったけれど(痛んでそうだな~って思った)
でも、せっかくの好意を無駄に出来ないし、
電気も対してなくて水も遠くからバケツで汲んでくるような土地なんだよ、

そんなところで見ず知らずの腹ペコな私たちにご馳走してくれるなんて、
素直にうれしいじゃない!!!
こんなあたたかい人たちが出してくれた食事、食べなきゃ罰が当たるでしょ!!!!

ってことで、その食事をありがたくいただきましたよ。


でも悲しいことに、それを食べたのに罰が当たりました。
案の定、1週間くらい寝込むくらいの嘔吐、下痢の嵐。
もう、容赦なく、そいつらはやってきてくれました。


私はここでこのまま生涯を終えるんだ・・・

と部屋の天井を眺めながら思った記憶があります。
その時、旅を共にしていた旅の相棒は私より先に帰国していたけれど、
その相棒も帰国後、日本で同じ状態だった模様(笑)
少し体調がよくなった頃にようやくネットカフェに行って
連絡を取ってみたら、熱まで出ていたと言っていた。

2人も場所は違えど、同じ症状だったって、ウケる・・・・(笑)
むしろ、私よりひどい・・・
そりゃそうだな。
私はかなり残したのに、向こうは全部平らげてたもん(笑)


その時にも海外旅行用の保険に入っていたので病院にいけばよかったんだけど
どーいうわけか、自分で治す!!って妙な自信があって、
結局、病院にも行かず私は病と闘い、勝利しました。

だけどよく考えてみたんだけど、保険入ってるんだし、
病院行けば多分一発で治る。
自分でがんばろうとか、

そんな無理することなくない??(笑)

ってわけで、ってわけでもないけど、
今回も保険は入っていきます。

今回、保険を色々調べたところ、3ヶ月未満の保険なら結構色々あるんだよね。
でも3ヶ月越えるとかなりやっぱりお値段も高くなるし、選択幅も狭くなってくる。
そこで私が出会った保険は

金子秀人損害生命保険事務所


私自身、過去に利用したことはなかったものの、世界一周の人の間では
あまりにも有名なので、以前から知っていた。
問い合わせメールやら送ってみると返信の早いこと!!

仕事が速くて、丁寧で、何より旅行者慣れしているこちらの保険会社。
手続きもあっというまに進んで、すごくスピーディ。
質問にも分かりやすくごちゃごちゃ書かずに的確なことを返事してくれる。
というわけで、今回はこちらにお世話になります。



保険なんて使わないくらいに、何事もないのが一番いいんだけど!!!








旅の音楽 - 2012.06.04 Mon

私にとって旅に持っていく持ち物で重要なものがいくつかあって、

そのうちのひとつが、音楽 である。


No Music, No Life.

決して大袈裟ではないよ、ホントにそうなのだよ(笑)

旅の途中で聞く音楽
旅の途中で聞こえてくる音楽
旅の途中で初めて聞く曲
旅の途中で選ぶ曲

時には旅の途中で奏でる音

旅の途中には音・音楽で溢れている。

私はいつも旅に出るときには音楽を持っていく。
旅の途中で聞く曲が、時にはグッときたり、
時には励ましてくれたり、
普段聞く時と違って、新しい部分が発見できたり。



音楽がすごいなと思う理由は、その時の記憶や感情、
そして、匂いだったり空気だったり、そういった形に表せないものを
思い出させてくれたりするんだ。



そんなわけで、今日は ipod touchに音楽をたくさん追加した。
とりあえず今のところ、1267曲入った。
もうちょっと入れようかな。

ipodのコピー


普段聞かないような曲とか入れまくってます。
果たして、旅の最中で聞くかどうかは疑問ですが・・・(笑)


ちなみにipodtouchのすごいところは、iphoneやスマートフォン同様に
wifiを拾えるところ!
電話はついてないから料金形態システムはないけれど、
skypeとか入れられるから、wifiつながれば電話も出来るわけですよ。
gmailとか設定しちゃえばメールも出来るし。

iPhoneもありますが、音楽はもっぱらipodtouchに入れています、私。

ipodtouch→ http://www.apple.com/jp/ipodtouch/



そんなわけで、旅の準備も着々と(?)進んでおります。


旅する友達 その2 - 2012.06.04 Mon

今日は、前回とは別の旅する友達のお話。

前に書いた「世界一周夫婦ごんかず」とも共通の友達サヤ
彼女は現在、一人で世界一周をしている。

サヤは一見クールな感じの女の子。
だけど、私は知っている。
彼女がガラスのハートの持ち主ってことを(笑)

そのギャップが結構かわいくてさ。
しかも、私が静岡県内で写真展を開催した時も、
東京からわざわざ会いにきてくれるような
そんな、素敵な女の子。

世界一周に旅立って、もうじき9ヶ月目。
未だにアジアをウロウロしているスローペースな旅人。
今はキルギスタンを旅してる模様。

女子で、一人で世界一周って結構、躊躇したり驚かれたりすることもあるんじゃないかな?
女子の一人旅って、男子と違って色々とめんどくさかったりするんだよね。
だけど、そんなの忘れさせるくらい、かなり旅を満喫してる様子。

旅立つ前、彼女はずっとバイト三昧だった。
世界一周に行きたいって言う夢があったから、すごく仕事もがんばっていたんだよ。
寝る間も惜しんで働いてる感じがして、正直ちょっと体調とか心配だったけど、

でも、人って夢や目標のために、

こんな風にがむしゃらにがんばれるんだー。


って彼女を見ていて、そう思った。
そんな彼女とは結構頻繁にメールのやり取りしたり、
skypeで話したりしているから、正直、長い間会っていない気はしないけれど、
でも、彼女のブログを見ていると、私の知らない世界をいっぱい見てるんだなーって
そんな風にいつも感じる。

そんな彼女のHPは、

日々旅中

http://hibitabichu.com/top/

上の方にあるLOGってところからブログが読めます。


サヤの旅はいつ終わるんだろうなー。
予定の2年、全然間に合わないだろうな~(笑)

すごく、サヤらしいけど!(笑)



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。