topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国境越え! - 2012.09.24 Mon

2012.09.22 マレーシア9日目 

7時のバスに乗る為、朝6:15分くらいにケーコ宅を出た。
車でバスターミナルまで行ったけど途中から何だかおかしい。

道が封鎖されてる!!!!!!!!!!!!

なんでー?!(泣)

とりあえず迂回してもらって、バスターミナルになんとかたどり着く。
無事に6:40くらいに到着。
バスターミナルの横にはどういうわけかイベント用のテントがいっぱい。
これのせいで迂回だったのかー。
何かのイベントがあるっぽい。
と思いつつも、時間が迫っているのでバタバタしながら、
車を路駐して、そこでケーコちゃんとお別れ。
慌てて荷物を背負ってバスターミナルに歩いて行く。
ようやく自分が乗るバスのプラットホームに到着。

でも、プラットホームにバスがいないんですけど(苦笑)


おまけに何だか様子がとても変。

私のバスは7時出発のバタワース行き。
電光掲示板見たら

Cancelledってなってる!!!!!!!!!!!

ひいいいいいい!!!

慌ててしまって、焦ってまだ近くにいるだろうケーコちゃんに電話。

「落ち着け」

と言われ、とりあえずチケットを買ったカウンターを目指す。
カウンターとはフロアが別でちょっと離れてるので
荷物持って階段上っていくのもかったるい。
でも、そんなこと言ってらんないからがんばって歩く。
カウンターに行ったら、Alisanだけ開いていて、

今日はprime minister(首相)が来るからバスは入れなくなった

はい????仰る意味がよくわかんないんですけど

とにかく今日は全てのバスがバスターミナルに来れない
君のバスは変更するから・・・・


んー、全くもって意味がよくわかんないんですけど・・・・


私はケーコちゃんに電話をして、そのカウンターの兄ちゃんとケーコちゃんとで
電話で会話してもらった。

ケーコちゃん曰く、
prime ministerが来るから全てのバスが来れないから
別のバスターミナルにバスは待機してるから。
そして、そこまでは誰かが連れてってくれるから。

とのことだった。

でも、誰も連れて行ってくれなかった・・・(苦笑)


同じようにバスがそこから発車しないことを知った人(現地人)について行けって言われて
その人について行った・・・(笑)
その人は恐らく現地に住んでるインド人。
ここにきてまでインドかよっ(笑)って思ったけど私はついていくしかなかった。

しかも別のバスターミナルまで列車で移動。
おいっ!ここでマレーシアのお金まだ少しあったからいいけどさー、ブーブーだよ!!
一駅だったからいいけど、その駅に着いてもバスの場所が分からなくて迷子。
同じように困ってるチャイニーズ系の数人がいて、一緒に探す。
すると、ちょっと離れたところにバスが停まってるのを見つけその場所に行くと
バスがたくさん停まっていた。

もう7時どころか7:30過ぎてるし・・・(泣)

私、バタワースからの列車に乗れるのかしら?
着いて少し待たされ、このバスはバタワースに行くよって言われ、そのバスに乗り込む。
7時出発のバスの人も7時半出発のバスの人も、8時出発の人も、
ペナン行きの人もバタワース行きの人もみんなごちゃまぜになった。
指定席だったのに、そんなの関係なくなった・・・
バタワースまで直行だったのに、そんなの関係なくなった・・・
おまけに8時出発になってしまった・・・
私さ、列車予約してるんだよね、間に合うのかな・・・
と不安がよぎる。それにしても、

首相が来るとか、昨日の段階で分かってなかったの?!

絶対、分かってたはずだよねー。
明らかに分かってるのにちゃんとアナウンスしないなんて、それもマレーシアらしいの?
そういうのをマレーシアボレって言うらしい。
何でもあり。タイで言うならマイペンライみたいな。
これはかなり焦りましたよ。。。

さっきのインド人はシンガポール行きのバスだったのでお別れ。
同じようにテンぱっていたイタリア人のターニャという人とそこで出会い、
彼女が私の前の席に座った。
ターニャは一人でタイとかマレーシアとかの色んな海を旅してるみたい。
すごく気さくな感じで、会話が楽しい。

でも、時間に縛りがある私はバスに乗るまでも乗ってからもテンパリまくりでした。
8時出発で、普通なら間に合うよね・・・
と思って、ウトウト寝てしまった。
目が覚めたらイポーと言う町だった。

イポーって!!!!!

確かにイポーはバタワースに行く途中にある町。
そう、イポーのチキン、もやしは確かにおいしい。
だけど、だけど、だけど、私は今はチキンも、もやしもいらない!!
イポーにまで経由してのんびりとトイレ休憩とかしちゃってるし!!!

もう、間に合わないことを前提に考えよう。。。

そう思うことにした。
24日に友達がバンコクに来るからそれに間に合うように23日にバンコク着の
列車のチケットを取った。
寝台で、下段はなかなか取れないというチケット、下段のチケットが取れている。
だけど、私はそれを諦めよう。
最悪の場合、24日には着くから友達には連絡して今日はペナンにでも泊まるか・・・
まあ、旅は想定外のことが起こるから楽しいわけで。
よく考えてみたら、私、焦りすぎちゃってこのバスの旅を楽しんでないや。

そんな風に思ったら一気に肩の力が抜けた。
さあ、こんなハプニングも旅の楽しみ。
楽しまなくっちゃ。

ペナン行きの人は途中で降ろされてスタンバイしている違うバスに乗り変えろって言われてた。
ターニャとはそこでお別れだった。
束の間だけど楽しかった。

結局、バスがものすごいスピードを出してハイウエイを走行したせいか、
昼の1時過ぎにはバタワースに到着した。
降ろされた場所が・・・・

ここ、どこですか・・・・?(笑)


って位、寂れた場所に降ろされた(苦笑)
乗客はどんどん行っちゃうし私、一人取り残された・・・
誰もいない。ターミナルでもなんでもないとこ。
客も、係員さえもいない。
チーン。。。。

タクシー???

って言う神の声が。

タクシーはいらない!列車の駅はどこ???

14:20のチケット持ってるのか?

うん、持ってるの。ここどこ???

駅はあっちだよ。

と指を刺して教えてくれた方向を見ると、陸橋みたいなのが見える。

ありがとう!

とりあえず、そっち方面に向かって少し歩いたらしょぼい建物が見えた。

あれが駅・・・?


駅だった。バタワースの駅だった。
国際列車が出る駅とは思えないくらいのしょぼさでびっくりした(笑)
キヨスクみたいな店も全くない。奥にローカルの屋台があるくらい。
でっかいザックを持ってるヨーロピアン数人がいるから、まちがいなくここだろう。

しばらく待合室みたいなところで待ってると日本人の姿が。
彼女もバンコク行き。会社の夏休みを利用してシンガポールから入国して
マレーシア、そしてタイに向かいタイから出国するそう。

14時過ぎに列車がホームに着いたのでいよいよ列車へ。
国際列車、マレー鉄道楽しみ~って思ってたら

2車両しかないっす(笑)

そりゃ、寝台座席の倍率高いよね(笑)

どうやらタイに着いたら車両が増えるらしくマレーシアからはこの2車両のみなんだって。
笑っちゃったよ。
私の座席と先ほどの彼女、ヒロミさんの席は通路をあけて隣だった。
ヒロミさんは下段が取れなかったから上段なんだって。
彼女の下段に寝る人は怪我して松葉杖のタイ人だった。
幸いにも私の上段は人がいないみたいで私は優雅な列車旅。

列車は予定の14:20には出発せず、少しだけ遅れて出発した。
走り出したもののかなり速度は遅い・・・
途中、食べ物の売り子が来ると想定していたのに全く来ない。
持っていたお菓子のみでしのぐ。このままだと飢え死に決定。

18時過ぎに国境の町、Padang Besarという町に到着。
列車を降り、そこでマレーシアの出国手続きをする。

なぜか、私だけ両手の指紋とられたんですけど!

マレーシアは入国も簡単だったけど出国もカードとか書かないのでラクだった。
そしてそこの駅ではタイの入国手続きもする。
タイの入国カードは列車の中で配られていたので記入済みだったから
こちらも簡単だった。

晴れ晴れとタイに再入国!!
陸路で入る場合は2週間滞在が出来る。
(空路は1ヶ月)
タイ入国後、列車に乗る前に微妙な売店があったのでその微妙な売店で
パンやらスナック菓子やらを購入した。
お腹減りすぎなんですもの。

少しして列車は走り出した。
するとすぐに夕食の案内をしに、タイのおばちゃんがが来た(笑)
250バーツ(637円)もするけど注文した。
酢豚みたいなやつとライス、カレー、パイナップルのセット。
酢豚にカレーっていう組み合わせがさすがでしょ(笑)
まあ、まずくもないけどおいしくもない、普通のセットでした。

そして夕食後は、いよいよ座席を寝台ベッドにする。
駅員というか乗務員のおっちゃんが、向かい合わせの座席をみるみるうちに
2段のベッドに変えていく。
手馴れたそぶりだ。
そして、カーテンも整って通路から見るとこんな感じ。

shindai.jpg

私の下段から見たらこんな感じ。


shindai2.jpg

旅はまだ続きます。

スポンサーサイト

最後の晩餐 - 2012.09.24 Mon

12.09.21 マレーシア8日目 


今日は、Plaza Rakyat駅にあるバスターミナル、プドゥラヤ・バスステーションに
バタワースまでのバスチケットを買いに行った。

珍しく青空。
IMG_4961.jpg


バスなんていくらでもあるよってケーコちゃんとフォーリーンは言うけれど、
私は明日のバタワースを14:20発の列車のチケットを取ってあるから、
その時間までに確実にバタワースに到着したいわけで。
バタワースはペナン島の対岸にある町で、ペナン、バタワースまでは
バスで7時間とガイドブックには書いてあるけど、
ケーコちゃんとフォーリーンは4時間~5時間で着くって言い張る。
私の予想では5時間で到着するとは思うけど、
なんせマレーシアは慢性渋滞がある。常に渋滞している。
クアラルンプールの町でも車で渋滞は何度か経験している。
渋滞すると本当に動かなくなってしまうくらい。
だから、余裕を持って7時間かかるかなって予想がつくわけです。

まずプドゥラヤ・バスステーションに行くまでに
Masjid Jamekという駅で乗り換え。
マスジッドジャメはその名の通りのイスラムの寺院がある駅。
金曜だから礼拝で入れないだろうから、駅からマスジッドジャメが見えたので
それで我慢(笑)

そして列車乗り換えをして目的の駅、バスターミナルに到着したわけですが
先日マラッカに行った時のバスターミナルよりちょっと古い。
そして、バスチケット売り場のカウンターはいくつもあるんだけど、
呼び込みしてるし(笑)
先日も書いた気がするけど、マレーシアはバス事情がよくて、
色んなバス会社がある。
自分でバスのクオリテイなんかで会社を決めればいいわけです。
私はフォーリーンが調べてくれてたAlisan golden coachというバス会社を探す。
ここのバス会社は朝7時発のバスがあり5時間弱で着くらしいので
そこにある程度、絞っていたわけですが・・・

Alisan golden coachのカウンター、閉まってるし(苦笑)


45番のカウンターに行けって張り紙があったので45番のカウンターに行ってみた。
中国語で書かれた店。。。
どうしましょう・・・と思ったけど、他のバス会社に数軒聞いてみたら
朝一番のバスは8時とか9時とか言う。
その45番のカウンターは朝一番のバタワース行きは7時だというから
そのバスに決定した。
31リンギット。(775円)
30リンギットでいいじゃんね、何で半端な31?(笑)
しかも笑えることに、チケット見たら

Alisan Golden Coachって印刷されてるし(笑)

なんで?(笑)
ま、いいか。これがきっとマレーシア。In Malaysiaなんだね。

その後、プラプラ探索。
マレーシアの列車に乗るのも慣れたもんです。
むしろ、日本人にはとっても分かりやすいと思う。
ただ、困ったことに夕方とかになると切符の販売機のコインのおつりがなくなるのか
よくわからないけれど、札が使えなくなることがあるんだよね。
1リンギットが25円。1リンギットはお札なの。
近場だと1リンギットで、ちょっと離れると1.2リンギットとかそれ以上なんだけど
それを全部コインで支払わなきゃならないわけ。
札が使える販売機もあったりするから、札しかなかったらそっちに並びなおす。
でも夕方はめちゃめちゃ混んでるから、並びなおすのとか結構ショックなんだよね・・・(泣)


夜はケーコ氏と宴と称して飲みに行った。
現地に住んでる欧米人とかが来るような飲み屋街があって
そこに連れて行ってもらった。
ケーコ氏はそこの界隈でよく飲んでるらしく、色んな店の人が
「ひさしぶりー!!」って話しかけてきた。
やるな、ケーコ氏。さすがです。

2軒目はワインとチーズと生ハム。
いや~、この旅で、このマレーシアでまさかワインとチーズと生ハムなんて
小洒落た呑みをするなんて想像していなかったわ(笑)
お値段もかなーりいい値段するんだけど、ワインおいしいし、
店の雰囲気最高だし、大好きなモッツアレラチーズだし、
生ハムは色んな種類だし、かなーり酔っ払ってしまいました。
大人です。ハイ。

マレーシアの最後の夜。
思いっきり最後の晩餐をしました。
次にケーコちゃんに会うのはいつだろう?
でも、なんとなくだけどまたマレーシアには遊びに来るというか
AirAsiaでKLを拠点として、また来たいなって思った。
バンコクもいいけど知り合いがいて宿泊場所があるクアラルンプールは
私にとってはとても過ごしやすいところだった。
治安いいし、日本と変わらないからね。

あー、この旅で一番酔っ払った。

そんなクアラルンプールの夜。
IMG_4953のコピー






フランシスコ・シャビエル - 2012.09.23 Sun

12.09.20 マレーシア7日目 

ようやく体調がよくなってきた。
マレーシアに着いてもう1週間になるのに、何もしてない、
どこにも行ってないことに気づき、マラッカに行くことにした。

マラッカに行く前に、私は24日までにタイのバンコクに着かなければならない。
24日に日本からジャンベ仲間がやってくるのだ。
(私はジャンベというアフリカの太鼓を趣味でやっている)
そんなわけでマレーシアでのんびりしていて、どうやってバンコクに戻るか
決めてなかった私は、最悪の場合はAirAsiaで飛ぶとして、
もし国際列車のチケットが取れたら列車とバスを乗り継いでバンコクまで戻ろうと考えた。
でも、マレー鉄道はタイ、マレーシア、シンガポールを結んでいる列車で
バックパッカーの間でも有名な列車。バックパッカーや旅好きな友人たち曰く、

人気路線だからチケットは

事前に取らないと厳しいよ!!


と言われ、焦り始めた私。。。

朝、仕事に向かうケーコ氏の車に同乗させてもらいKLセントラルで下ろしてもらい、
KLセントラル駅にあるKTM(マレーシア鉄道?)のカウンターに行った。

バタワースからバンコクまで行きたいんですけど・・・

いつですか?

22日出発でお願いします。あ、寝台車ですよね?

はい、22日ですね。上段がいいですか?下段がいいですか?

下段でお願いします。

111.90RMです(2800円)


あれ? 簡単に買えた(笑)

バタワースというマレーシアの北に位置する町(ペナン島の横ですぐ近く)から
バンコク行きのこの列車は、かなり倍率高いって聞いてたんだけどな・・・(笑)
下段が取れなくて上段しか空いてなかったとか、
当日のチケットが取れなくて2日後になっちゃったとか、色々聞いてたんだけどな・・・
すんなり、あっさりとれました。
ちなみに下段の方が少しだけ高いみたいだけど、快適度は下段だそうです。
インドは上段が快適だけど、タイやマレーシアは下段が快適なようです。
バタワースの駅まで行かずに、事前にKLセントラルのカウンターでチケット購入できました。

これで一安心。
KLセントラルからKLIAトランジットっていう列車に乗って、
Bandar Tasik Selatanという駅を目指す。
マラッカ行きはそこからバスが出てるんだって。
マレーシアは鉄道がまあまあ発達してるから、ラクチンです。

目的の駅到着。
バスターミナルと連結してるとのことで、そのバスターミナルの大きいこと!!
新しいバスターミナルみたいで、すごくキレイですごく大きい。
大きいにもかかわらず、初めての私でもすぐ分かるような分かりやすさ!

IMG_4906.jpg

バスは30分後に出発のバス。9リンギット(225円)という安さ。
後から知ったんだけど、バスの種類を選べるんだって。
クオリテイが高いバス、例えば座席が広いとか2席×2列じゃなくて、
3列シートのバスとか、リクライニングがすごいとか、そういうので値段が違うらしい。
どうやら私が選んだバスは格安だったみたい。
でも、その格安バスだけど日本の高速バスより広くて個人的には満足でした。

バスには偶然にも日本人のなつきちゃんというバックパッカーと、
なつきちゃんがバスターミナルで偶然知り合ったという少し年配の女性が乗っていた。
日本人3人(私も含めて)、席が近くて旅の話に華が咲いた。

バスは予定通りマラッカに2時間で到着。
マレーシアは高速道路が整っている。道もきれいだし、走りやすいと思う。
インドのボコボコでクネクネの道、ガタガタのバスを少しだけ懐かしく思った。

マラッカに到着し、市バスで市内を目指す。
1リンギット(25円)
なつきちゃんと、年配の女性は宿探しをするといい、大きな通りでお別れした。

マラッカは2008年に世界遺産に登録された町。
私はマラッカ探索開始。
サンチャゴ砦というところに到着。

IMG_4909.jpg

1511年にポルトガルによって建てられたらしい。
大砲とかもあったけど、個人的には微妙・・・(苦笑)

その後、マレー人たちの遠足らしきところに遭遇。
頭巾ちゃんたちいっぱいです。

IMG_4911.jpg

そしてセントポール教会跡に到着。

IMG_4920.jpg

墓石もいっぱいあった。

IMG_4918.jpg

IMG_4914.jpg

IMG_4928.jpg

IMG_4925.jpg

そしてポルトガルって言ったら思い出すのはこの人でしょう!

フランシスコ・ザビエル!!!

IMG_4932.jpg

いましたよ、フランシスコ・ザビエルの像が。
日本だけじゃなく、アジアのこの土地でも布教活動を行っていたんです。
フランシスコ・ザビエルと言えば、以前ポルトガル人の友人が家にステイしていたことがあって
その時に彼について話をしてみたことがある。

ポルトガルと言えば、フランシスコ・ザビエルでしょ!!と私。

え?ザビエル???? と友人。

え? ほら、布教活動していた・・・あの人!!

あー、フランシスコ・シャビエル!

そう、どうやら本国ではザビエルと言わないらしいです。
シャビエルと言うらしいです。
その時、初めて知りました(笑)

そんなわけで私のマラッカの目的の一つ、シャビエル像に会えたし、
もう満腹です(笑)

とりあえずオランダ広場まで歩く。
オランダ教会、プロテスタント。

IMG_4937.jpg

その周りには有名なド派手なトライショー。
これに乗って一人で観光する勇気はないな(笑)

IMG_4938.jpg

マラッカは想像よりも小さい町だった。
観光地だ。
チャイナタウンでランチを食べる。
そして、ウロウロするとアートストリートみたいなところがあった。

IMG_4946.jpg

IMG_4947.jpg

極めつけはこちら。

IMG_4944.jpg


そんなこんなでマラッカ探索は数時間で終了。
バスターミナルに戻り、バスチケットを購入。
9.2リンギット(230円)でした。
行きより少しだけ高いな。

そして2時間もかからずにクアラルンプールに到着した。
KLセントラル駅に戻り、仕事が終わったケーコちゃんと合流。
またしてもフォーリーン夫婦と一緒にご飯を食べに行くことに。
しかも日本食レストランへ。
手打ちのそばが食べれるのはKLではこの店しかないっていうから!
刺身のサーモンもとってもおいしくて、やっぱり日本食最高!!
シアワセです。

フォーリーン夫婦は本当に気持ちいい夫婦で、楽しい。
クアラルンプールでは特に何もしてないけど、風邪治して、
旅の疲れを癒して、のんびり過ごしております。


世界一のチキン - 2012.09.21 Fri

2012.09.19 マレーシア6日目 

体調がようやくよくなってきた。
ケーコちゃんはお仕事なので、私は初一人でおでかけ。
とりあえず歩いて行けるKLCC周辺を目指す。
KLCCとは高層ビルが立ち並ぶクアラルンプール最大のビジネス街。
そこに、あの世界一高かった(今は違う)ペトロナス・ツインタワーがあるのだ。
とりあえず、ツインタワーを目指して歩いてみる。
今、滞在しているところからは徒歩15分くらい。
ツインタワーに入ってみると、多くのブランド店が並んでいる。
買い物目当てで来る人は、マレーシアはいいかもしれないけど
私は買い物目当てじゃないからなあ・・・(苦笑)

伊勢丹が入っていて、食品売り場を覗いてみると日本のものがいっぱい!!

自炊決定!!

大興奮して、色々と買ってしまった(笑)
日本の食材はもちろん高いんだけど、やっぱりうれしいよねー。

そして、この日はKFCにも行ってみた。
マレーシアのチキンは世界一おいしい!とケーコ氏が言うもんだから。
KFCもおいしいって言うから行ってみたわけ。
結論から言うと

おいしい!!

何がおいしいって、肉がやわらかい。
すごくジューシー。
日本のKFCの数十倍もおいしいわ。
マレーシアのチキンと比べると日本のはちょっとポソポソしてる感じ。
またKFCに行きそうです。

マレーシアのwifi事情のことをちょっと書こうかと。
マレーシアはKFCやマクドナルド、カフェとかではwifiフリーなところが多いです。
東南アジアのwifi事情は都市に限れば、日本よりいいと思います。
長距離バスではバスの中でもwifi使えるバスがあるっぽいです。
(私は乗ってないから聞いた話ですが)
まあ、そんなわけでKFCでwifi使ってます(笑)

ちなみにマレーシアはイスラム教が多いです。というか大半以上がマレー人。
マレーの人はイスラム教です。
だからモスクがところどころにあります。
女性はベール・・・頭巾かぶってます。
最初は異様に見えたその姿も、今はなれてきてむしろかわいく見えます。
髪の毛が一切見えないように、頭巾の中にしまっていて、
洋服着てる上から頭巾してたり、頭巾と洋服をうまく似せた色にしてたり、
初めてみるファッションに、釘付けです。

そしてマレーシアに多くいるのは中国系の人たち。華人っていうみたい。
いわゆる昔習った華僑の人というのかなー?
海南、広東、福建なんかの人が多いみたい。
でも、ここの華人の人たちは私から言わせると本土の人と違って、
自分たちをマレーシア人って思っているみたいで、
本土と一緒にされるのが嫌みたい。
今の、日本と中国のデリケートな問題に対しても、自分たちはマレーシアだから。
って思っている人が多いようです。
こっちにもイオン、ジャスコいっぱいあるけれど、みんな普通に買い物してます。

言語はマレー語があるんだけど、みんながみんな英語が話せる!!
そこがマレーシアのすごいところだと思う。
これからもっともっと発展していくだろうマレーシアは
治安もいいし、英語通じるし、タイとかよりも正直言って買い物しやすい国だと思います。
観光地はそんなにないけどさ・・・(笑)
初海外がマレーシアだったりするなら、比較的ラクチンに旅できるんじゃないかなーと思います。

濃いとこ好きな私にとっては、

正直、物足りないけど!!!(笑)




風邪っぴきin Malaysia - 2012.09.19 Wed

2012.09.15-18

やっぱり風邪だった模様。
せっかくのマレーシア。
ケーコちゃんの同僚のフォーリーン夫婦と一緒にご飯を食べに行ったりするものの
やっぱり体調が悪い。
この旅始まって以来の体調の悪さだ。
右耳もやっぱり聞こえが悪い。

思い切って土曜の夜(15日)、海外旅行保険に電話してみた。
そしたら明日は日曜だからキャッシュレスの保障はないけど・・・
と言われながらも病院を紹介してくれた。
ケーコちゃん曰く、そこの病院はいいとこらしい。

そんなわけで16日の日曜日。
Gleneagles Kuala Lumpurという病院に行ってみた。
ケーコちゃんの家から車で5分くらい。
ドキドキしながらも

海外旅行保険を使いたい。

キャッシュレスで出来ますか?


というと、色んな用紙にめんどくさいけど色々と記入して、どうやら無料。
そして診断。
36.8度も熱があったのに、熱はないから大丈夫と言われる。

私の平熱は35.6くらいなんですけど!!!

ってアピールしてみるものの、クスって先生に笑われて終わった・・・(笑)
先生は、チャイニーズ系の男の先生。
耳や喉なんかも見てくれたから、

飛行機に乗って、左耳から耳垂れが出てきて、右耳が今は聞こえなくて
中耳炎じゃんじゃないか?右耳に水が入ってる気がする。


ってすごくアピールしてみたけれど、人の横顔の絵を描いて、

耳、鼻、口は繋がってるからねえ。
風邪が治れば治るよ。


って、あっさり言われた・・・(笑)

私、耳が聞こえなくなるんじゃないか?!

って聞いてみたけど、

大丈夫、大丈夫。

って笑いながら言われた。

他に質問は?

と聞かれ、答える術もなく、nothing...と答えた私。

うううううう。。。。

結局、キャッシュレスで病院診察は終わった。
薬を大量にもらった。
海外に行くときは絶対に保険に入って来るんだけど実は今まで使ったことはない。
初の保険が、風邪だなんて・・・(苦笑)
それまでも、インドを旅してきてお腹壊したり、高山病になったりしてるのに
まさか風邪で、使うなんて思いもしなかったよ・・・(笑)

IMG_4904.jpg


病院はとっても豪華だった。
とりあえず病院に行ったという安堵感があった。

17、18日は本調子ではないので、ぐったりしておりました。。。
このままではマレーシアの思い出は、「風邪」で終わっちゃう!!!(泣)
というか、本当は18日にはケーコちゃん宅を出て、タイに戻ろうかと思っていたけど
風邪が治らず、マレーシアに居座っております。
ケーコちゃんはバリバリと仕事に行っております。

先日食べに行った有名なマレーシアのチキンのお店!!
IMG_4898.jpg

友人に車で連れて行ってもらってるので、場所とか全くわかりません!
すいません!!!




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。