topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅に出て1ヶ月目 - 2012.07.29 Sun

2012.07.27 インド21日目(リシケシュ9日目)

旅に出てちょうど1ヶ月目。

朝ヨガに参加。
今日は、リシケシュでの最後のヨガ。
心なしか気合が入る。
ヨガの後に先生と撮影。

IMG_3008.jpg


やっぱり、ヨガ、もうちょっと続けたいなあ。

そう思う。
気持ちよかったし、せっかくだから続けよう。


そして、昨夜知り合ったゆきちゃんと待ち合わせしていたので
一緒にリトルブッダカフェへ。
いつものリトルブッダプレートをオーダー。
ゆきちゃんは、この後はトルコに行くそう。
すごくかわいらしい子なんだけど、バラナシのガンガーで泳いだそうだ。
旅をしていていて思うんだけど、男子より女子の方が結構そういうの強いっていうか、
女子の方が思い切りがあるっていうか。

そして私はアシュラムをチェックアウト。
ちなみに私が滞在していた部屋はこちら。
300ルピー(450円)でちょっとお高いけど、ホットシャワーでした。

IMG_3011.jpg

そして次に目指すはガンジス川の聖地の一つ、ハリドワール。
村長も行くというので一緒に行く。
リシケシュから1時間くらいバスに乗ったガンジス川の聖地の一つ、
ハリドワールへはローカルバスで行った。

IMG_3013.jpg

27ルピー(40.5円)
安っ!!(笑)

でも、ぼろぼろですけどね(笑)

そんなこんなでローカルバスに揺られ、ハリドワールに到着。


ツーリストが全くいないやん!!!!

ハリドワールって聖地で有名だから、ツーリストいっぱいいると思ってたのに
全くもってツーリストの姿を見かけない(苦笑)

とりあえず、バス停、鉄道の駅から徒歩10分くらいのゲストハウスにチェックイン。
私の部屋は角部屋。

ハリドワールは結構活気があるけれど、
現地人ばっかりで、圧倒されてしまうほどの熱気を感じる場所だ。

ハリドワール駅に行き、列車のチケットを買おうと並ぶ。
外人専用窓口がない為、ものすごーく待たされる。
インドの鉄道は、ものすごい需要があって、どこの駅でも大混雑なのだ。
途中、割り込もうとするやつがいたけど、インド人が怒って、ちゃんと後ろに並ばせてた。
うおー、インド成長したな(笑)
というのも、一昔前のインドでは、割り込みなんて当たり前だった気がする。
私、列車のチケット買うのに、ものすごーく割り込まれて大変だったもの。
だけど、今回久々すぎるインドに来てみて、インド人のそういう部分が少しだけ
以前より成長(上から目線ですいません・笑)したなーって感じた。
今後ももっとそういう意味では、成長してほしいもんです。

ハリドワール駅前のシヴァ神。
神様の周りに洗濯物干すのとか、やめようよ(笑)

IMG_3015.jpg

IMG_3016.jpg


30分以上待って、ようやく私の番。
結局私が乗りたかった電車は満席。
満席どころか、WL68とかの表示。
(ウエイテイングリストと言って列車に乗れない人のキャンセル待ちが68人って意味ね)
それが1週間以上WLがずーっと続いていた。。。

私は29日までにはデリーに着かなければならないので、列車はあきらめてバスを探した。
バスは夜10時出発の便しかないという。
ローカルバスなら頻繁にデリー行きは出てるだろうけど、
ローカルバスで7時間とかはちょっとしんどいなーと思うので、
せっかく1泊分宿を取ってしまったけれど、今夜の便でデリーに向かうことにする。
エアコン車で350ルピー。

私がハリドワールに来たかった理由。
それは、ハリドワールのプジャーが見たかったから。
ヴィンセントもハリドワールに行きたがっていたけどいけなくなっちゃったから
私がかわりに見に行ってくるよって約束してたのだ。
プジャーは夕方からなので、間に合うようにプジャーに向かう。

ハリドワールの町はこんな感じ。

IMG_3035.jpg

IMG_3048.jpg

IMG_3046.jpg

IMG_3036.jpg


そしてプジャーの会場に到着。
ここのプジャーの活気のすごいこと!!!!

毎日行われているのに、

毎日こんな活気なんて!!!


いつも祭り状態。
これが毎日ってすごすぎる!!!!

IMG_3076.jpg

IMG_3078.jpg

IMG_3061.jpg

IMG_3062.jpg

IMG_3071.jpg

IMG_3055.jpg


写真は本当に一部分しか写っていない。
というか、人が多すぎてメイン会場らしき方には全く行けなかったし、見れなかった。
それでも、私がいた場所からでも十分にプジャーの熱気が感じられたから満足。
信仰心ってすごいなと感じた。


そういえば、プジャーの会場にいるとドネーション(寄付)を求めて回ってくる人がいる。
多分、公認の人なんだけど、ドネーションを渡すとレシートみたいなものをくれる。
そしてまた別の人がドネーションを求めてきたときに、その紙を見せるとすぐに去っていく。
そういうシステム。なんかインドならではかな。

帰り道。祭りみたい。
IMG_3080.jpg

帰りはリキシャ(人力車みたいなやつ)で宿の近くまで帰った。
降りて、ミネラルウオーターを買って、あと少しで宿って時に、


痴漢に遭遇!!!!!!!!!!!!!!


胸をさわられた。。。。
もしかしたら、首からぶらさげてたカメラを盗ろうとしたのか?
いや、そうじゃない、絶対に痴漢だ。

私、一瞬何が何だかわかなかったけど、

無意識に買ったばかりの1リットルのペットボトルで

何度もその痴漢を殴っていた。



この痴漢!!! 痴漢!痴漢!! 痴漢!!!!

って日本語で叫んでいた。
周りの人も、ナンだなんだ?って感じで見てるし、
痴漢本人もびっくりしたらしく、慌てて逃げて去っていった。

日本女子、なめんなよ。

自分でも正直、びっくりしました。
ペットボトルで殴っていたあたり。。。(笑)
よく無意識に殴ったなー。と我ながら関心。
警察呼べばよかったー。ってちょっと後悔。

宿の目の前だったので、宿のじいちゃんが私の肩をぽんぽんって叩いてきた。
彼は英語があまり話せないけど、一部始終見てたのかもしれない。

あー、それにしても腹が立つぜ!!
よく考えたら怖いんだけど、通りは人もそこそこいたし、
女の人もいっぱい歩いてるし、店のライトがいっぱいで明るいし、
宿の目の前だし、そんなんなのに痴漢に遭遇するなんて。
せっかく、プジャーみていい気分で、聖地ハリドワールを去る予定だったのに、
私の中ではハリドワールは聖地というより、
痴漢の町というイメージになってしまうのが、正直悲しい。

宿でシャワー浴びてリフレッシュして、いざデリー行きのバスに向けて出発。
リキシャでバスが出発するところに向かう。
バスに乗り込んでみたものの、

ツーリストバスって言ってたのに、乗客インド人しかいないじゃん・・・

でもエアコンバスなだけあって、乗客も上流な感じ。
後ろに座ってたインド人の女の人が、英語が上手でいろいろとトーク。
出発10時になってもなかなか出発せず、10:30になり、
ようやくバスは出発した。

さて、目指すはデリーへ。

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。