topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Beatles!!! - 2012.07.27 Fri

2012.07.26 インド20日目(リシケシュ8日目)

朝ヨガ。
若干、身体が筋肉痛だわー。普段使わない筋肉とか使ってるのかしらね。
今日の朝のヨガのクラスは珍しく大人数で12人いた。
ヨガを12年やっているというドイツ人が参加。
やっぱやわらかいわー。
ビギナークラスじゃないクラスに出ればいいのに。と思ったのは内緒の話(笑)
村長も、なんだかんだ言いながら毎日ヨガ参加してるし(笑)
今日の朝ヨガはちょっといつもよりハードだったので汗もいっぱい。
シャワーを浴びてから朝食へ。

いつものLittle Buddha Cafe.
Little Buddha specialみたいな名前のメニューがあって、
ここのところ、こればかり食べてる。
コーヒー、パイナップルジュース(フレッシュ)、ビーン、目玉焼き2個、
トースト2枚、バター、ジャム、そしてデイップがついてる。
そのデイップがすき。ガーリックテイストで、私が大好きなオリーブが
たった2切れだけどついてるの。
これで110ルピー(165円)

IMG_2975.jpg

IMG_2977.jpg

決して安くはないけれど、最近のブランチはこれです。
飲み物が2つ付いてるところが結構お気に入り(笑)
朝からコテコテのインド料理は私にはやっぱり無理。
日本にいた時も、胃が弱くて、油ですぐにやられちゃうからさ・・・(苦笑)
リシケシはベジタリアンの町なので、肉は一切ありません。
もともと日本にいた時も、チキン以外の肉はあまり食べないので、
まあ私は平気ですが、肉大好きな人はつらい町だと思います。
ちなみにアルコールもこの町はNGです。

そして今のリシケシュはハエが多くて、早く食べないとハエのやつらが
私の食べ物にまとわりつくわけです。。。
困るわ、ハエのやつら。


その後は、ラームジュラー橋のSri ved Niketanよりさらに進んだ
Maharishi Mahesh Yogi Ashram というところを目指す。


途中の村みたいなところ。

IMG_2978_20120727012400.jpg


牛さんも水分補給。

IMG_2980.jpg



そのアシュラムを目指した理由。
それはですね、

The Beatles が滞在していたというアシュラムなのだー。

でも、結構遠かった・・・
(Sri Ved Niketanからは5~10分くらいで着きます)

途中、この道で大丈夫かよー?って不安になったけど、看板があったから大丈夫でしょう。

IMG_2981.jpg

さらに進んでいくと、あっちだ!って指さして教えてくれた人がいた。

で、ここが入り口!
かわいい入り口。ちょこっとジブリを連想させる。

IMG_2983.jpg

鍵がかかってて中から人が出てきて50ルピー払って入れてもらった。

IMG_2985.jpg

IMG_2986.jpg


・・・寂れてる。。。
おまけに雨上がりでコケですべるわ、雑草生えっぱなしで
蚊がいっぱいで刺されまくりました。。。
奥にもっと進めそうな感じではあったけど、やめてひきもどしました・・・

そしたらさっき、指差して教えてくれた人が。
サドウ?(ババっていうの?)と一緒にいて、手招きしてくる。
あやしいなーと思いつつも近づいてみました(笑)

IMG_2990.jpg

この人は英語が堪能で、日本人の友達がいるみたいで、親日家!!(笑)
こんな風貌なのに、このかわいいバッグは彼が作ったんだって(笑)
中までじっくりと見せてくれて、私、このバッグ欲しくなったよー(笑)
サドウの一人も同じタイプの色違いを持っていて、すごくかわいいの。
(すごーく汚れてるんだけどね・笑)

そして、こんな風貌なのにfacebookやってるって言ってたから笑っちゃった。
しかも彼曰く、私はビートルズアシュラムのメインのところを見てなかったみたいで、
絵の部屋とかそういうの見てないみたい。
ってか、あの道の先にとてもそんな場所があるとは思えなかったけど・・・

そして彼は周りにいたサドウたちと友達みたいで、写真撮ってもいいっていうから撮らせてもらった。
いやー、ブリブリですね(笑)

IMG_2988.jpg

IMG_2989.jpg


でも、俗っぽいサドウもリシケシュにはいっぱいいて、みんな外人やらインド人に

「金くれ」

って言うんだけど、ここにいたサドウたちは、「金くれ」
と一言も言わなかった。
ちょっとそれが嬉しかった。
彼らがいたエリアにはこんな素敵な景色も。

IMG_2987.jpg

そして、私がラクシュマン・ジュラー橋の方に滞在しているって話したら

「あっちはダメだー!こっちの方がいい!」って怒られました。

ま、確かに私がいる方はツーリストエリアだし、こっちのエリアに比べたら
宗教的な感じが少ないもんね。。。(でもだからあっちにいるんだけどね・笑)
結局、最後の最後まで、本当にいい人でした。
人は見かけによらないってことですね。
外見で判断しちゃだめってことですね(笑)

途中、シヴァの像があるところがあるんだけど、そこの中に入ってみたら
ハヌマーンの大きい像があった。

IMG_2993.jpg

ハヌマーンって孫悟空のモデルといわれている猿の神様。
ラーマヤナ???多分、ラーマヤナだったと思うけど、
ラーマヤナっていうインドのすごーっく長いストーリーがあって、
多分、そのストーリーが彫られていたので、写真を一部紹介。

IMG_2996.jpg

IMG_2999.jpg

この上の写真の顔がいっぱいある人ってブラフマー神かな?
インドには、こんな風に色んな至るところに神様が祀られているのです。
それらの信仰と共に生きてる人たちがいっぱい。



結構な距離を歩いて疲れたから渡し舟で渡ろうと思ったら舟がない!!
どうやら、ガンジス川の水が雨季の影響で増水してるから、
これからしばらくの間は渡し舟はなくなるのかもなー。
乾季のみって言ってたしなあ。
それにしてもリシケシに来て1週間。
たった一週間でこんなに水量が変わるなんて!!!

ラーム・ジュラー橋を歩いて渡ってから乗り合いのオートリキシャを拾う。
10ルピー(15円)
乗り合いを拾ったので先に乗ってる人がいた。
フランス人のおじさんだった。
話をしてみるとヨガの先生なんだって~。
すごくいい感じの雰囲気の人で、この先生のヨガ受けてみたいなーって思った。

そして帰ってきて夕方からまたヨガ。
生徒は6人。
結構、ハードだった。
でも先生はいつも、スマイル、スマイル。って言う。
そうね、スマイル、スマイル、Shanti,shantiだよね。

ヨガを終えた後に水を買いに近所の店に行ったら
こんにちは。と声をかけられた。

初対面だったけど、日本人に会えるのは嬉しいぜーい。
ゆきちゃんと言う女の子。
今日リシケシに着いたばかりだという、
日が沈むまでの間、一緒にコーヒー屋で話をする。
橋の向こうにいるとのことで、明日また会えたら会うことに。
楽しみだー。

町のポップコーン屋。10ルピー(15円)
塩気が足りない・・・
IMG_3000.jpg

ポップコーン屋さんの後ろに偶然写ってるヨーロピアン、多分同じアシュラムにいるw
バイクで旅してるのか、バイクに乗ってるんだよねー。
ワイルドだー。


ちなみに、これが私のいるアシュラムの入り口。
ちょうど橋を渡ってくるとY字になる部分があって、その右側を入って
テクテク歩いていくと着く。
ちなみによく見かけるREIKIって文字。
霊気なんだってー。日本発祥らしいよ。それなのに、インドというかリシケシで
よく張り紙を見る。不思議。

IMG_3002.jpg

ここ、私がいるところ。
ちなみに今は3階の部屋。
こうやって写真に撮るとすごく綺麗に見えるけど実際は綺麗じゃないです(笑)

IMG_3004.jpg

あ、アシュラムにLonely planetの古本の英語版のインドがFor Sale
って棚に何冊か置いてあった。

「いくらなの?」

って聞いたら、

「持っていっていいよ。」

って言われた。ラッキー!
データはサヤからもらってiphoneに入れてあるんだけど、
本があると便利な時もあるんだよね。
ただ、インドのロンリープラネットはめちゃめちゃ重いですが・・・(苦笑)


今日はビートルズアシュラムに行ったので、今はビートルズを聴いております。
やっぱりビートルズ、いいわー。


スポンサーサイト

祈り - 2012.07.26 Thu

2012.07.25 インド19日目(リシケシュ7日目)

朝のヨガに参加。
ここのヨガのビギナーコースは、まあ初心者向けでいいと思う。
あと、マントラ唱える時に意味を教えてくれるのがいい。
ヨガニケタンでは意味も全く分からなかったからね。。。
中級も初心者も全部一緒だったから。
こっちは、その点コースが分かれてるから個人的には悪くない。
あと、先生が新しくクラスに参加するニューフェイスに必ず声をかけるんだ。

Where are you from? (どこ出身なの?)


そうやって話かけることによって、新しい生徒もちょっとリラックスできる気がするんだよね。
ヨガニケタンのヨガと比べるとちょっとダラダラな気がしないでもないけど、
ビギナークラスだし、そんな感じが嫌いではない。


ただ、みんな7:30からヨガ始まるのに、ぎりぎりに来るんだよね。
いつも私が、大体一番乗りで、ファンつけたり準備したりしてるくらい(笑)

先日、偶然再会したまりちゃんが(彼女は日本でヨガの先生)、
昨夜メールをくれていて、ヨガの呼吸法なんかも詳しくメールに書いてくれてあった。
あと、自分のヨガマットも日本でも持ってるんだけど、こっちでも買ったことを話したら
彼女曰く、自分のマットを使うっていうことにすごく意味があるそう。
エネルギーが高まっていくらしいです。
ヨガのクラスには、マットもいっぱい置いてあるからそれを使えばいいんだけど、
やっぱりいろんな人が使ったマットは(マットだけに限りませんが・・)
いろんな人の気が流れているので、あまりよくないそうです。

ヨガマットの上は神聖な場所。

マットの上にいる時だけは、自分の体の声や、心の声に耳を傾けてあげてください。

自分のためだけにつかう時間ににしてください。

それから、ヨーガで一番大切なことはヨーガを楽しむということ!!!


とメールには書いてあった。
他にも呼吸法を書いてくれてあったので、朝ヨガはそれを実践してみました。
とっても気持ちよかった。
レッスンは英語なんだけど、今日は全く英語も分からないらしいロシア人らしき人がきた。
あまりに英語がわからなすぎて、ここまでどうやって来たんだろう?って
ちょっと私が心配になった(笑)


その後は、村長とリトルブッダカフェへ。
ヨガのクラスでいつも会う日本人のノリくんも後から来たので一緒に朝食。
9時半過ぎに、あやこさん&てるみさんのコンビがまたやってきた。
外は雨だから、のんびりする。

このカフェは欧米人で賑わっている。
店員さんも、さすがに私が毎日行ってるからだんだんと顔見知りw

あやこさんから、お香やらキャンドルやら色々もらった。
今後の旅で使おう。
あやこさんたちは明日でリシケシュを離れる。
そんなわけで、会うのはこれが最後。
すごーくいつもいろいろ世話やいてくれて、本当にありがたかった。
彼女たちと会って、自分の不安とかがかなり小さくなったんだよ。
ありがとうございました。

夕方のヨガも参加。
だんだんと体が柔らかくなってる気がする。
といっても、元が硬いので、本当にちょっとだけどね(苦笑)

ヨガの後はガンジス川で毎晩やってるプジャ(お祈り)を見に行った。
なんか、やっぱガンガーはすごいや。
毎日、夕方になると爆音が流れてるんだけど、私がいるアシュラムのすぐそばが
プジャやる場所でスピーカーから流れてくる音がかなーり爆音だったので
一度は見てみたかったのです。

インド人の観客(?)は前のほうにいるけど、ヨーロピアンたちは後ろのほうで見ている。
もう一つの橋の方でやっているプジャーの方がにぎやかで規模も大きそうだけど
私はこのくらいでちょうどいい。

IMG_2887.jpg


IMG_2892.jpg

IMG_2897.jpg

IMG_2901.jpg


IMG_2906.jpg

IMG_2920.jpg


IMG_2925.jpg


IMG_2930.jpg


IMG_2940.jpg

IMG_2946.jpg

IMG_2952.jpg

IMG_2957.jpg

IMG_2964.jpg

ガンガーとプジャ。
神聖な感じがした。


プジャの後で急に話しかけれれて誰かと思ったら、ヨガの先生だった。

どうだった?

と聞かれ、

どういう風にお祈りしたらいいかとか、

何をしたらいいのかとか、

プジャーのやりかたがよくわかんないー。



って答えたら、まずは参加することに意味があるからいいんだよ。
見て、感じること。それが大切。

先生はそうおっしゃった。
先生、やさしい。

リシケシュに限らないと思うけど、街頭がないから夜道は結構真っ暗。
開いている店の灯りだけが頼り。
とりあえず、私がいるアシュラムはメイン通りにあるので、
まあ何とかなるけど、アシュラムについてからも真っ暗なので、
ヘッドライトが役に立ちます。
あと、iphoneに入れてる LED Lightっていうアプリが重宝しています。


リシケシュに限らず、牛がいっぱいいて、どこでも寝てるし、
どこでもウ◎コがいっぱい。
夜道は暗くて踏んじゃいそうなのが危険です(苦笑)



Shanti, Shanti, Shanti. - 2012.07.25 Wed

2012.07.24 インド18日目(リシケシュ6日目)

朝、起きて歯磨きしながら外に出たら、

村長の姿が!(笑)

そう、今朝リシケシュに着くって言ってたんだった。
しかも、笑えることに村長がチェックインした部屋は私の部屋の隣だった(笑)

そして早速、朝のヨガに参加。
今日は、6人くらいいた。
昨夜のイギリス人の男の子2人もいた。
彼らは20歳って言ってた。若いし、マッチョ。
昨夜、偶然別の店でも会ったり、カフェでも会ったりしてるから
何かとよく会うというか、行動範囲がそっくり(笑)
でも、今夜マナリーに行っちゃうんだって。
せっかく、仲良くなれそうだったのになあ。

ヨガのクラスは、別のところに滞在してる人なんかも来てるみたいで
アイルランド人の女の子はゲストハウスに滞在して、
朝ヨガにわざわざ来てるみたい。

あ、ちなみにビギナークラスは1回100ルピー(150円)です。
1時間15分間のヨガ。

驚いたのがさ、村長が意外と身体が柔らかかったんだよ(笑)
なんなく、言われるポーズできちゃうし(笑)

ヨガが始まる前と終わる時に、オーム・オーム・オームと繰り返すのは
相変わらずこっちも同じ。
マントラっていうの?それらしいです。そして、

Shanti, Shanti, Shanti (シャンテイ)も繰り返す。

shantiって、先生が言うにはPeace、いわゆる平和とか祈りとか、そういう意味だって。
サンスクリット語らしい。
私は、shanti,shanti,shantiって言う言葉と響きが好きで、
その時だけは声を大にして唱えてます(笑)

村長の部屋を見せてもらったら、同じ200ルピー(300円)の部屋なのに
何これー!!!!!って言うくらい全然違うの。
角部屋で窓もいっぱいあって広いし、綺麗だし。

キイイ!!!!!

どっちにしても私はねずみが部屋に入ってくるのは困るから!って
受付に言いに行って部屋を変えてもらう。
2つ程部屋を見せてもらったけど、カビくさかったり、アリがいたり、
電気がつかなかったり。。。
今までいた部屋は臭くはなかったんだよね。
ムカデはいっぱい出てきたけど。。。

200ルピーの部屋はやっぱり、それなり。
ちょっと値上がるけど300ルピー(450円)の部屋を2つ見せてもらった。
そしたら、たった100ルピーの違いでかなり快適な部屋じゃないの!!
3階だけど、こっちに部屋を変えてみた。
実際、変えてみて正解。
お湯も出るし、水周りも前の部屋より綺麗だし、鏡がついてるし、
ムカデもねずみも出ないし、100ルピーの差でこうも違うのか。ってくらい快適。
若干、匂いがあるから、お香を買ってきた。
少しはよくなるかな?

YOGA NIKETANにいるあやこさんたちと昼過ぎに待ち合わせをしていたので、
村長を引き連れて、もう1つの橋まで歩いた。
途中、大雨・・・
カンボジアで買ったレインコートを着たけど、最終的にはビリビリに破れた(笑
やっぱ雨季に行く時は、しっかりしたレインコートを日本から持っていくのがいいね。
としみじみ感じた。

でも、ガンガーは霧がかっていてとっても神秘的。
沐浴する人たちの姿を、とても美しいなと感じた。

IMG_2843.jpg

IMG_2844.jpg

IMG_2849.jpg


IMG_2858.jpg

IMG_2852.jpg

IMG_2859.jpg

IMG_2854.jpg


やっぱりね、ガンガーはすごいんだわ。

聖なる川って言われるだけあるんだよ。
言葉にすると薄っぺらく感じてしまうけれど、
ここはやっぱりエナジーがみなぎっている気がする。
私はそのエナジーに振り回されて、翻弄されているけれど、
それでもやっぱり、ここは来るべきところだったんだろうな。


あやこさん、てるみさん、じゅんくんと合流。
コーヒー屋(エアコン付で、とてもインドとは思えないような、スタバ的な
コーヒー屋があるのだ。インドの中ではもちろん高すぎる部類だろうけど、
100ルピー弱。3杯飲んだら宿に泊まれる値段です。
でも、やっぱり快適なんです(笑)
特に、ラーム・ジュラー橋の方は、コテコテすぎる店しかないから
ゆったりできるのって、ここしかない気がする・・・(笑)

じゅんくんが、先日仕立て屋さんに洋服を頼んでいて取りに行くというので
みんなでついて行く。
200ルピーで仕立ててくれるんだって。すごいよねー。
布は持ち込みだそうですが。

IMG_2865.jpg

そして、渡し舟10ルピー(15円)で川を渡ろうとして舟に乗り込み、
出発するのを待っていたら(多分、人がいっぱいになったら出発する感じ)
ななななななんと、

なおさん&まりちゃん!!!!

この2人が乗り込んできた。
お互いびっくり。


火曜に出発する予定です。

もう一度会えたらいいね。


って、メールをもらっていたのだ。
もうてっきり出発してると思っていたけれど、出発を1日延ばしたそうだ。

また会えたね!!!!

やっぱりリシケシュってすごいね。
そういうパワーが繋がるんだよ。

だって、渡し舟なんて一日に何度も何度も何度も往復しているのに、
同じタイミングで同じ舟に乗るなんて、確率としたら多分物すごーーーーーーーーーーーーーーーーーく
低いと思うんだよね。

やっぱり、何度考えても本当にすごい。
あやこさんと、なおさんは、ちょっとした知り合いらしい。
それもすごくない?!
このタイミングで、みんなが会うって。

リシケシュって、そういう気持ちが繋がるところなのかもしれない。

IMG_2867.jpg

IMG_2868.jpg


あやこさんから、ガネーシャのキーホルダーをもらった。
あやこさんは、みんなにガネーシャのキーホルダーをプレゼントしていた。
ガネーシャはゾウの神様。日本でも有名だよね?
ガネーシャは、旅を守ってくれるよって。

ガネーシャを沐浴させた方がいいよって言われて、あやこさんたちとみんなで
ガネーシャを沐浴させてあげた。
リシケシュにいる間は、毎日ガネーシャを沐浴させてあげようかな。

IMG_2885.jpg

すごく、うれしいな。
私の相棒ができた。
しかも相手は神様ときたもんだ。

あやこさん、ありがとう。

帰りはオートリキシャで帰った。
まりちゃんから「ハニーがおいしいよ」っておススメされてた
Honey Hutっていうカフェに寄ってみた。
本当においしかった。
そして、フレンチフライ(フライドポテトのことね)っていうメニューがあってさ、
思わず頼んじゃったよ。
マクドナルドのポテトみたいなのが出てきた。
かなりおいしかったー!!
ハニーが売りなだけあって、ハニーがおいしかったわー。
至福の時。shanti, shanti,shantiでした。

夕方のヨガには間に合わず参加できず。

村長は後で買ってきたインスタントラーメンでも食べようって言ってたのに、
どうやら部屋に戻って、相当疲れてしまったのか寝てしまった様で、
夕方6時以降消息不明です。多分、今朝デリーからリシケシュに来て、
寝ないで行動してたから疲れて寝てるんだろうね(笑)

今日は部屋も移ったし快適な私ですが、屋上があることに今更気づき屋上へ。
こんな景色が見えたよー。

IMG_2879.jpg

霧がかったガンガーと、向こう側。
写真じゃ伝わらないけれど、本当に綺麗。

ちなみに本格的な雨季が始まったのかなー、また雨が降ってきた。
雷もゴロゴロ、ピカピカすごいわ。
パソコン壊れると怖いから、コンセントは抜いた。
私のパソコンは海外対応だけど、停電時とかにもコンセント刺しっぱなしだと壊れることがあるって
聞いてたから、電流安定器を持ってきてるんだけど、
どうやら、ダラムサラで別れてアムリトサルに行ったのに、
またダラムサラに戻ったサヤのパソコンが壊れたらしい。。。
多分、停電が原因っぽい。
停電後は電流がドワっと流れるから、いくら海外対応のものでも、
気をつけたほうがいいよってことですね。。。
サヤのパソコンも早く直るといいけど・・・


今日出会ったかわいい男の子。
IMG_2869.jpg





涙のガンガー - 2012.07.25 Wed

2012.07.23 インド17日目(リシケシュ5日目)

朝、7:30からヨガ。
このアシュラムに移って、初めてのヨガだから緊張しながら行った。
7:20くらいにヨガホールに着いたのに(アシュラムの敷地内にある)

誰もいやしない(笑)

ファン(天井についてる大きな扇風機みたいなやつ)の電源探して
勝手にファンまわしてたら先生がきた。
上下白い服で、ふむふむ、何となくヨガの先生っぽい(笑)
ひげもじゃだし、インドーって感じの先生。

その後、何人か入ってきて結局生徒は8人。
日本人の男の子が一人いた。全然話できなかったけど。。。

ビギナークラスに参加したんだけど、ふむふむ。
YOGA NIKETANより簡単。
というか、ビギナークラスだからか。
YOGA NIKETANは、ビギナーも何もなくて全員一緒だったんだよね。
その点、ビギナークラスやレギュラーとかのクラスに別れてるのはいいかも。
内容は、YOGA NIKETANでやったハタヨガと同じ部分もあるし、
そうじゃない部分もあるし、ストレッチに近い感じ。
むしろ、私が一番か2番を争うくらい、やわらかいほうだ。
イギリス人が結構多くて、彼らの身体の硬い事!(笑)
優越感を感じてしまうくらいでした(笑)

ヨガを終えて、ヴィンセントとご飯。
今日は、ガンガービューの席をゲット。

IMG_2825.jpg



IMG_2827.jpg

やっぱりみんなガンガーがよく見える席に座りたいもんね。
私が今いる橋、ラクシュマン・ジュラー橋の方は、こういうヨーロピアン好みの店が
何軒かあるんだけど、最初に滞在していた方は、全くこういう店がないの!!
ローカルな感じで、そっちの方がコテコテのインドっぽいけれど、
私は所詮ツーリスト。
こっちのこういうカフェに行きたいし、食の好き嫌いも多いし、
インドカレーばかりだとしんどすぎるので、やっぱりこっちのエリアの方が生活しやすい。
雨がすごく降っていたので、雨がやむまで店にいた。
本格的に雨季が始まってきたのかしら?
水量もあがってきているよね?ってヴィンセント。

先日、ガンガーで初泳ぎしたヴィンセントですが、体調は悪くなってないし、よさそう。
彼は本日、リシケシュを離れ、デリーに向かう。
ハリドワールに行きたがっていたけど、祭りと重なっちゃって結局いけなくなっちゃってかわいそう。
ま、あたしが代わりに行ってくるわ!

ん~、今日でお別れなんて寂しいなあ。
ダラムサラから一緒に来て、なんだかんだでリシケシュでも一緒で、
だけど彼はもう国に帰る。

旅に出て、色んな人との出会いや別れを繰り返して、ちょっとセン​チメンタル。
旅にはそれはつきものなんだってことは頭では分かってるけど、心​がね。。。
でも、お互いの旅が、いい旅になりますよう。
今日はそんな思いをこめてガンガーを眺める。
少し霧がかったこの景色は、とても神秘的。
ガンガーの水の流れと共に、私のセンチメンタルな気持ちも一緒に​流れてくれればいいのに。

別れ際、彼が部屋を去る時に何度も何度もビッグハグをした。
やっぱり寂しい。
それでも時間の流れというものは残酷で、彼と、サヨナラをした。

彼が無事に帰国できますように。


また、一人になっちゃった。私。

てか、もともと一人旅なんだったわ。

そんなこと、すっかり忘れてた(笑)

いかん、いかん。
こんなんじゃダメだ、私。

夕方のヨガですっきりしよう!

と思って参加したのに、生徒が私とイギリス人の男の子2人の合計3人のみ。
しかも、先生、ちょっとだれてませんか?(笑)
って感じで、何かと「リラッ~クス」を繰り返す。
しかも、ヨガの途中で、

日本のどこから来たの?

そんなことばっかり聞いてくる。
おいおい、しっかり授業やってくれよー。

ヨガ後に先生に呼び止められた。
先生のお兄さんが日本人と結婚して大阪に住んでるらしく、
すごく親日家だったのだ。
でも、そんなにアピールされても困りますってば(苦笑)


その後は、まだ明るいから散歩。
牛さんも、橋を渡ります。
時々、橋の上で寝てたりします(笑)

IMG_2831.jpg


ちなみに今、私が宿泊しているアシュラム Sri Sant Sewa Ashram
は、下の写真のボートみたいなのがある辺りの建物から、その隣くらいの建物。

IMG_2832.jpg


なんでも、またシヴァ神のお祭りらしい。
昨日はなかったのに、シヴァ像に花輪がかかっている。
そしてまだまだいっぱいいるオレンジ軍団。

IMG_2838.jpg

夜もプジャ(お祈り)をガンガーでしているのか、すごーく賑やかです。

最悪なことに、部屋のドアの角に穴があいていて、
そこから、夜中に(私はまだ起きていたので電気ついてて明るかった)

ねずみが侵入!!!!!!!(泣)

ねずみさんも、まさか人がいるって思ってなかったみたいで、
かなり焦ってあわてて、部屋から出て行きました。
そこの穴をペットボトルとかトイレットペーパーの芯でふさいだけど、
明日は絶対に部屋を変えるわー(泣)

もう、最後の最後まで涙だわー。

聖地リシケシュ - 2012.07.23 Mon

2012.07.22 インド16日目(リシケシュ4日目)

今日はYOGA NIKETANを出る日。
2泊分しかとってなかったの。
もちろん延泊もできるだろうけどね。
でも、もう、もう一つの橋の方に移動する気満々だった。

朝、早く目が覚めてコーヒーとパンで朝食。
この部屋に滞在していました。
IMG_2813.jpg

シングルなのに、何故かツイン(笑)

そして奥のドアを開けると庭でその向こうはガンガーという素敵すぎるロケーション。
IMG_2814.jpg

ヨガもよかったし、環境はばっちりなんだけど、
食事抜きで750ルピーは私には高かったし、
こっちの橋の方で、私がまともに食事できそうな店がなかったから
やっぱり移動するしかない。

そして最後のパッキングチェックをして、荷物を背負う。
まりちゃんたちにご挨拶。
このカップルには本当に救われた。
私がリシケシュに来た意味の一つがこのカップルに出会う為だったと思う。
あと、昨日一緒に行動していたあやこさんたちにも挨拶。
というのも彼女たちが、朝、荷物の多い私のために
一緒に荷物持って移動してくれるって昨日言ってくれてたの。
だけど、一晩考えた。
その結果、私の荷物は確かにものすごく重いんだけど、
それは私の旅の相棒で、今の私の全てであって、
だからその重みも自分で背負っていかないといけないし、
彼女たちのあまりのやさしさに感激してすごく喜んじゃったけど
甘えてばっかりいられないよね。
彼女たちは、今日もラクシュマンジュラー橋に行くって言ってるから
後で会おうと約束し、私はYOGA NIKETANを後にした。

リキシャを拾って2キロ先のできるだけ橋の近くまで行ってもらった。
リキシャ、橋の根元までは入れないんだよね。。。
結局、リキシャから降りて15分くらいかな?歩いてようやく
アシュラムに到着。
200ルピーの部屋にチェックイン。
200ルピーの部屋はもちろんそれなりの部屋。
電気のスイッチとか壊れてるし(灯くからいいんだけどね)、
トイレ、シャワーつきなんだけど水周り汚いし。
まあ、仕方ない。
Because, I am in India.

その後、あやこさんたちが橋にやってきた。
あやこさんたちは3人旅。
ガンガーで泳ぐのを半分拒んでいたじゅんくんも連れてきていた。
涼しいコーヒー屋に入ってお話。

私はヴィンセントと10時半に待ち合わせしていたので先に
その場を去り、待ち合わせの店へ。
初めて入ったけどなかなか雰囲気よし。
ただ、停電していたので、暗いし、飲みたい飲み物が飲めなかった(苦笑)
その店は、インド料理ばかりじゃないしヨーロピアンもいっぱいいて
ヴィンセントも食べれる料理があってよかったねって感じの店。
そしてそこでも、スペシャルなアイスの盛り合わせみたいなのを食べていた(笑)
私も少しもらって食べたけどさ、
スイーツ女子じゃない私にとっては、甘すぎだよね(笑)
ひげもじゃで大きな男の人がスイーツを嬉しそうに食べる姿は
なんだか、とってもかわいらしい。

あ、彼はハリドワールに行く日を一日延ばした。
何か、また祭りがあるみたいで移動は大変だよっていう情報を入手したらしい。
ん~、何かと悩ましてくれるぜ、リシケシュ!!


その後、ガンガー見に行こうってことになり、ガンガーへ。
ヴィンセントも最初の私みたいに泳ぐ気は全くなかったし、
蚊にさされたとこが結構腫れてたから気にしてたけど、

やっぱり泳ぐ!!

って言って、泳いだ。
そうでなくっちゃね!
私も、着替えもタオルも何ももってないし、おまけに貴重品もあったけど
それを見える場所に置いて、一緒に泳いだ。

ガンガー、気持ちいい!!

今日はとても暑くて、天気もよかったからガンガー日和だったよ。
聖地という場所柄なのか、私たちのバッグとかそのまま置いていても
誰一人、盗もうとする人はいなくて、
それどころか、私たちが泳いでいるとニコニコとしてくれたり
色々とうれしそうに話しかけてくる人が多い。

IMG_2820.jpg

泳いでるのは男の人が多い。

IMG_2822.jpg


あ、中には思いっきり泳いでる女の人もいたけどね。
みんな楽しそうに泳いでるの。
このエリアに住んでる人なのか、どうなのかは分からないけど、

ガンガーは最高だろ?

って言わんばかりに、私たちがガンガーに入ると嬉しそうな表情を見せる。
インド人、かわいいじゃんー!!
おっさんが子供みたいに、はしゃいでるんだもん。
かわいくて仕方ない。

泳いだ後の満悦な表情。
彼はめちゃめちゃもぐってました(笑)

IMG_2821.jpg


かなーり日焼けしてたよ。
白人って服着てる部分はものすごい真っ白なんだけど
日焼けすると赤くって痛そうだ。
そういう私は真っ黒になってます(笑)

その後、彼は用事を入れていたのでお別れし、私はあやこさんに電話。
電話と言っても、あやこさんはインドの電話持ってるけど私は持ってないから
電話屋を探して電話。
インドって公衆電話とかがあるわけじゃなくて、電話屋(インターネット屋だったりもする)から
電話するのです。
そしたら、まだこっちの橋のエリアにいるっていうから、
いるというお店を探して再び再会。

あ、また昨日のサドウ?ババ?に再会。
しかも向こうから気づいてくれた。
2キロ先のこの場所で、また会うとは思わなかった(笑)
また傘さしてた。
また笑顔がチャーミングだった。
ガンガーを泳いだ後に会う気がする。
また泳いだら、会えるかな?


その後、またカフェに行って色々お話しする。
なんかね、彼女たちと話をしていると本当に面白い。
私のことをすごーく励ましてくれる感じの人たちなの。
私が知らないことを色々と聞きすぎるくらい聞いても、
嫌な顔せずに、すごく親切に色々教えてくれる。

今回、私がインドに来たこと。
何となく、呼ばれてたんだなって思えるようになってきた。
リシケシュは聖地といわれている場所で、聖なるガンジス川がある。
ここでの、意思、意識ってすぐにつながったりするんだって。
それね、すごく分かる気がするんだ。

私が、落ち込み気味の時に出会ったカップル、
そして、私をこっちの橋に連れてきてくれて、色々教えてくれた女性たち。
また会えたらいいなーって思って別れたヴィンセントとの再会。
4日目にして、ようやく落ち着ける宿、アシュラムを見つけられたこと。

リシケシュで、私は落ち込んだり、上がったりを繰り返している。
それって多分、ここがすごいパワーを持っている場所で
私はそれを最初は受け入れきれてなかったんだと思う。
圧倒されちゃってたんだなって思う。
だけど少しずつ少しずつ、慣れていって
ようやく、自分の気持ちが少し安定してきた。

聖なるガンガーに翻弄されてきたけど、
その聖なるガンガーで身を清めることによって、
何となくだけど、リシケシュという土地のそのエナジーを
少しずつ自分の中で消化というか、受け入れるというか、
うまく言えないけれど、浄化されてるというか、
なんとも不思議なそういう気分になってきています。
きっと、ここに来た事は意味があることなんだなって思ってる。
人との出会い、つながり、そして、そういうもの全てをひっくるめて、
きっとここに来るべきだったんだなって思い始めてます。

そう思わせちゃうくらい、リシケシュってすごいのだー!!!


IMG_2817.jpg

IMG_2815.jpg




NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

カウンター

プロフィール

akkie(アッキー)

Author:akkie(アッキー)
.
写真、音楽、旅がすき

2012年にインド、
ネパール、マレーシア、
タイ、カンボジアを
旅した時のブログです。

2012年9月末に帰国。
現在は旅で撮影した写真の
写真展を開催中

Twitter

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (2)
出発前 (9)
旅準備 (5)
タイ (9)
カンボジア (10)
インド (2)
インド (デリー) (12)
インド (ダラムサラ) (10)
インド (リシケシュ) (8)
インド (リシケシュ、ハルドワール) (1)
インド (レー) (4)
インド (ラダック) (11)
インド (デリー~ムンバイ) (1)
インド (ムンバイ) (1)
インド~ネパール (1)
ネパール (19)
ネパール~インド (1)
マレーシア (6)
music (5)
帰国後 (1)
インド~タイ (1)
写真展 (34)
旅で便利なもの (1)
カナダ (5)
香港 (2)
India (3)
Jaisalmer (6)
Jodhpur (5)
Delhi (1)

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。